« 立川談志一門会 「長短」「薄型テレビ算」「堪忍袋」「つるつる」 | トップページ | 蜻蛉峠 »

ラインの黄金

ラインの黄金  09年3月

いよいよリヒャルト・ワーグナーの楽劇「ニューベルングの指輪」序夜に挑戦した。新国立劇場。S席1階2万3625円。

キース・ウォーナー演出、2001年「トーキョーリング」の再演。気鋭ダン・エッティンガー指揮、東フィル。休憩がないので上演前にピットを見に行くと、楽器がぎっしり並び、ハープも4台ほどがずらり。かなりの迫力だ。

拍手なくスタートして、それから2時間40分ぶっ続け。さすがに少しくたびれたものの、愛情と権力の葛藤、愚かな為政者と抑圧された働き手など、イメージが豊富な作品で楽しめた。空間に斜めに浮いたような舞台装置は、不安をかき立てるし、要所要所に使われる光も刺激的。血なまぐさいシーンの演出には胸がざわざわした。そして鮮やかな場面転換後、ラストシーンの真っ白な背景に浮かぶキャンディーのような色彩と、神々のコミカルな感じが醸し出す違和感。

飛び抜けた歌手はいなかったように思うけれど、ヴォータンのユッカ・ラジライネン、ローゲのトーマス・ズンネガルド、アルベリヒのユルゲン・リンらは不安なし。ちょっとだけ登場するエルダのシモーネ・シュレーダーに存在感がある。ミーメの高橋淳さんが拍手を浴びてましたね。

ワーグナー「ラインの黄金」新国立劇場  雑記帳
新国立劇場「ラインの黄金」(2009/3/15)  音楽の都

« 立川談志一門会 「長短」「薄型テレビ算」「堪忍袋」「つるつる」 | トップページ | 蜻蛉峠 »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラインの黄金:

« 立川談志一門会 「長短」「薄型テレビ算」「堪忍袋」「つるつる」 | トップページ | 蜻蛉峠 »