« グッドナイト スリイプタイト | トップページ | 表裏源内蛙合戦 »

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演 08年11月

指揮サイモン・ラトル。サントリーホール。1階13列の真ん中あたり。

ぎりぎり間に合って、最初から聴けてラッキー。まずハイドン交響曲第92番「オックスフォード」。少人数の編成で、繊細。先日のウィーンフィルより手堅くて、ふくよかな印象でしょうか。
それからマーラーのリュッケルトの詩による5つの歌。メゾ・ソプラノはチェコ出身の情熱的なマグダレナ・コジェナー。声の響きに、「われらが歌う時」を思い出しちゃった。
休憩をはさんでベートーヴェン交響曲第6番「田園」。さえずる管楽器が素敵。やっぱり音楽は生に限る、と当たり前のことを考えました。いやー、今年はクラシックもずいぶん楽しませて頂き、幸せ者です。

サイモン・ラトルとベルリン・フィル Ad Maiorem Dei Gloriam

« グッドナイト スリイプタイト | トップページ | 表裏源内蛙合戦 »

クラシックコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演:

« グッドナイト スリイプタイト | トップページ | 表裏源内蛙合戦 »