« ZED | トップページ | 平成中村座 仮名手本忠臣蔵 »

55Steps

55Steps 08年10月

四季劇場「秋」で。1階8列。構成・振付・演出は加藤敬二。

劇団四季55年記念で、ミュージカルレパートリーをオリジナルの演出でみせるレビュー。前半の「アイーダ」「ライオンキング」、後半の「キャッツ」「エビータ」など名曲がぎっしりだ。エルトン・ジョンとロイド=ウエーバーはやっぱり偉大。「メモリー」はいつ聞いても、なぜか泣けるんです。ほとんど条件反射。

装置は水玉模様の壁や自在に重ねられる箱など、比較的シンプル。衣装も同様ながら、曲のつながりが滑らかで、要所要所に演出の工夫がある。「早く王様になりたい」にボクシングのダンスを合わせたり、「トプシー・ターヴィー」で人が壁を上ったり。「ドレミの歌」では、最前列の観客を舞台にあげるサービスがあり、観る方も童心にかえる気分を味わう。約900席というキャパのせいか、客席に一体感がある。後半にはバレエも披露。

ヴォーカルパートは男女3人。芝清道さんがミュージカルらしく、堂々としていていい。花田えりかさんも細身で雰囲気があって、好きなタイプ。ただ、歌もダンスも全体に、もっとケレンというか、突き抜け感があってもいいかな。

 劇団四季ソング&ダンス「55ステップス」  ダックスとミュージカルな日々

55steps2

« ZED | トップページ | 平成中村座 仮名手本忠臣蔵 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 55Steps:

« ZED | トップページ | 平成中村座 仮名手本忠臣蔵 »