« 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 志の輔らくご・ひとり大劇場 「生まれ変わり」「三方一両損」「中村仲蔵」 »

「羊と兵隊」

「羊と兵隊」  08年7月

岩松了作・演出の舞台を観る。松竹制作だけど、小劇場の下北沢・本多劇場。1Fの中央の席で6800円。

舞台は、とある洋館。どこの国とも時代とも知れない。「自治区」との闘いに、身代わりの男を長男と偽って、出征させようとする家族。長女も家族を守るため、2世政治家と結婚を考えている。

奇妙なメイクと衣装での、難解なセリフの応酬が続く。「恋する妊婦」では、日常にひそむ何とも言えないイライラ感が印象的だったけれど、今回はもっとずっと緊迫した感じ。身近なものを守るという、ごく当たり前の行為が、どうしようもなく人生を傷つけていく理不尽さ。そんなきりきりした舞台の途中で、意味無くコミカルなダンスシーンがあって、これが結構良かった。

中村獅童さんの抑えた演技が圧倒的。存在感といい、立ち居振る舞いといい。つぶやくようなセリフが、しっかり耳に届く。歌舞伎で鍛えた、ということなのかもしれないけれど、魅力的です。あと、永岡佑さんも要注目、と思いました。

« 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 志の輔らくご・ひとり大劇場 「生まれ変わり」「三方一両損」「中村仲蔵」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「羊と兵隊」:

« 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 志の輔らくご・ひとり大劇場 「生まれ変わり」「三方一両損」「中村仲蔵」 »