« 文楽「鎌倉三代記」「増補大江山」 | トップページ | 「夏祭浪花鑑」 »

「こうもり」

「こうもり」  2008年5月

ウィーン・フォルクスオーパー日本公演で、「こうもり」を観る。東京文化会館、1Fの招待席のすぐ右後ろといういい席でした。海外オペラの引っ越し公演としては抑えめの3万9000円。

ヨハン・シュトラウス作曲、レオポルト・ハーガー指揮。オペレッタ初体験だったけれど、明るいワルツのオケ、満載のギャグがのりのりで、また歌手がみな芸達者で、からっと楽しめた。
のっけから序曲で一度オケが立ち上がり、拍手を受け、いつものオペラとはだいぶ違うくだけた雰囲気。2幕目のでまかせフランス語の掛け合いあたりから、観客が遠慮無く笑い始め、3幕目に至っては、カレンダーをめくると12月32日になったり、壁に掛けた帽子が何度も落ちたり、もう古典的なドタバタ劇。後ろの席の男性が笑い過ぎて、「はあっ」て疲れてましたよ。

奥方ロザリンデ役のエディット・リ-ンバッハー、たくましい小間使いアデーレのアンドレア・ボグナーが姿も美しく、歌を聞かせ、姉イーダのアルテイナ・ドラークはバレエも上手。
大人気だったのは、退廃的なオルロフスキー公爵のカウンターテナー、ヨッヘン・コワルスキー。出てきただけで拍手、というのも初めてみたかも。お付きのイワンとの仲をにおわせる演出が怪しい。自信たっぷりに舞台を仕切るスターの貫禄を感じました。
演出を兼務し、酔っぱらい看守フロッシュを演じたハインツ・ツェドニクは、とにかく喜劇役者に徹していた。恋人で脳天気な声楽教師、アルフレート役のルネ・コロは、さすがに70歳という感じでしたが。意外と、仕掛け人「こうもり」ファルケ博士のマティアス・ハウスマンへの拍手が多かったかな。

東京文化会館は2度目。2幕のあとの休憩で、座ってシャンパンを飲んで快適でした。

こうもり(ウィーン・フォルクスオーパー・東京文化会館・上野)  道楽ねずみ

« 文楽「鎌倉三代記」「増補大江山」 | トップページ | 「夏祭浪花鑑」 »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。道楽ねずみのフランツです。
確かに,今回のオペレッタは観客が笑いすぎてしまい,くだけた感じがしましたね。
個人的には字幕とせりふのタイミングにずれがあるので,いつのタイミングで笑っていいものやらということも気になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こうもり」:

« 文楽「鎌倉三代記」「増補大江山」 | トップページ | 「夏祭浪花鑑」 »