« 忌野清志郎完全復活祭 | トップページ | 立川志らく独演会 「子別れ」「落語長屋」 »

「恋する妊婦」

「恋する妊婦」 08年2月

シアターコクーンで脚本・演出の「恋する妊婦」。9000円。正面のいい席で、近くに俳優の人を見かける。全体に、お芝居好きらしい大人の観客だ。

内容は昨年観た「シェイクスピア・ソナタ」 のベースになったような、大衆演劇一座のバックステージもの。途中、発砲シーンはあるけれど、やっぱり岩松節というか、全体に淡々としている。何かが破滅するとか解決するとか、そうい うカタルシスはなく、見終わってから思い通りにならない「やるせない日常感」が心に残る。私もそういう味わいが、ちょっとわかってきたかも。

座長役の風間杜夫が存在感があって、とても締まっていた。ママの小泉今日子も案外 よく、鈴木砂羽と若い森本亮治がうまく舞台回しをしていた。副座長の大森南朋は、期待していただけにいまいちだったかな。

『恋する妊婦』  柴犬陸ログ 

« 忌野清志郎完全復活祭 | トップページ | 立川志らく独演会 「子別れ」「落語長屋」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

リンクを有難うございます。
この芝居、NHKで放映されたばかりですね。
欲を言えば、他の方の演出で観たかったです。
セットなども、リアルさにこだわるのではないやり方があったのではないかと。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「恋する妊婦」:

« 忌野清志郎完全復活祭 | トップページ | 立川志らく独演会 「子別れ」「落語長屋」 »