文楽「本朝廿四孝」口上「義経千本桜」

第一五〇回文楽公演 第一部  2018年4月

吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露の初日に、大阪へ駆けつけた。劇場外にお祝いの幟、ロビーにはご祝儀が並び、玉助ご夫妻がお出迎え。緊張と華やかさで胸いっぱいだ。国立文楽劇場、中央前のほうのいい席で、6000円。休憩3回を挟み4時間半。

近松半二ほかの時代物「本朝廿四孝」三段目で、まず桔梗原の段。奥は文字久太夫・團七が重々しく。舞台中央の領地境を挟んで、武田家執権・高坂(玉輝)、妻唐織(蓑二郎)と長尾家執権・越名(文司)、妻入江(一輔)が名軍師・山本勘助の札をつけた捨て子を取り合う。慈悲蔵(贅沢に玉男)が親孝行ゆえに、一子・峰松を捨てた、という導入部だ。
ランチ休憩の後、緊張の口上で、蓑助さん以下、吉田門下がずらり。蓑二郎さんの司会で、玉男、和生、勘十郎が温かく挨拶。後列は玉翔、玉佳、玉輝、玉也、玉志、玉勢、玉誉。戦前、戦後に活躍した三代目は座頭格の大物だったんですねえ。

短い休憩の後、景勝下駄の段を織太夫・寛治で重厚に。舞台は亡き山本勘助の老妻と、息子2人が暮らす信濃の山里だ。雪中に筍を探す(呉・孟宗の故事より)慈悲蔵の健気さ、身勝手な兄・横蔵に子の次郎吉を押し付けられた慈悲蔵女房・お種(和生)の悲哀、無理難題ばかり言う老母(勘十郎)。長尾景勝(玉也)が老母の下駄を拾って登場し(秦・黄石公の故事より)、兄・横蔵を召し抱えると告げる。
続いてお待ちかね、襲名披露狂言の勘助住家の段! 前は渋く呂太夫・清介。唐織が連れてきた峰松のはかない最期と、お種の苦悩。
後は怒涛の呂勢太夫・清治。慈悲蔵は竹やぶで、鳩を目印に箱を掘り当て、横蔵(迫力の新・玉助)と争う。一方、老母(後から蓑助がしずしずと)から、よく似た景勝の身代わりに自害を、と迫られた横蔵は、なんと自ら右目を傷つけて容貌を変えちゃう。実は慈悲蔵は長尾家の家臣・直江、そして自分は武田家に仕えており、将軍の遺児を次郎吉として育てていたと明かす。竹やぶの箱から足利家の白旗が見つかり、老母は一転あっぱれと誉める。横蔵が勘助の名を継ぎ、慈悲蔵が軍法「六韜三略」一巻を受け取って、敵味方に分かれて戦場での再会を期す。
途中、玉男さんが引っ込むところで何やら不手際があったり、玉助さんが引き抜きに手間取ったりと、ハプニング続出。それでも玉助さんを中心に、人形陣の大物がずらりと並ぶ舞台は圧巻でした!

息詰まる時代物の後、休憩後は華やかに、「義経千本桜」から道行初音旅。舞台正面の上段に咲太夫、織太夫ら、手前に燕三、宗助らがずらりと9丁9枚が並ぶ珍しいしつらえだ。桜満開の吉野山を背景に、静御前(清十郎)と忠信(勘十郎)が連れ舞う。お馴染み勘十郎さんが嬉々として、狐や早替りで楽しませる。清十郎さんは右手が辛そうで、ちょっと扇が落ちてハラハラしたけど、決めるところは決めてました。

20180407_013

20180407_015

20180407_024

20180407_031

20180407_039

江戸は燃えているか

江戸は燃えているか  2018年3月

作・演出三谷幸喜。江戸無血開城を題材に、休憩を挟んだ3時間強をドタバタに徹し、初登場の新橋演舞場でシチュエーションコメディを、という作家の覚悟がみなぎる。中央前の方のいい席で1万3000円。製作松竹、企画製作パルコ。

時は慶応4(1868年)年3月。歴史的会談に先立って地ならしのため、新政府軍の西郷吉之助(藤本隆宏、使用人デクと2役)本人が密かに、幕府の軍事取扱・勝海舟(中村獅童)の屋敷に乗り込んでくる。勝の娘ゆめ(松岡茉優)と義弟の村上俊五郎(田中圭)は、なんとしても無益な抗戦を避け、江戸を壊滅から救いたい。甘えん坊で臆病なくせに喧嘩っ早い勝に任せてはおけないと、一計を案じ、庭師・平次(松岡昌宏)を身代わりにたてちゃう。
どだい無茶でありえない設定。お約束の苦しい辻褄合わせや、会ってはならない2人が会いそうで会わないハラハラ、見当違いで突発的な恋が交錯し、後半は西郷の偽物まで登場して徹頭徹尾笑わせる。

昨年の肺腺がんから復活した獅童がハイテンションで暴れまくり、終盤ではアドリブ連発で俳優陣まで吹かせちゃう。対する松岡、田中に色気があって、いい。元浪士組という設定の田中は、大詰めでちょっとチャンバラも(殺陣指導は新感線の前田悟)。
勝を補佐する山岡鉄太郎(鉄舟先生!)の飯尾和樹(ドラマ「アンナチュラル」でも活躍)、西郷の家来・中村半次郎(桐野利秋)の吉田ボイスが、なかなかとぼけた喜劇役者ぶり。勝の妻・八木亜希子はなんと初舞台で、ゲラなところがチャーミング。女中頭の高田聖子が、要所の押さえ役を一手に引き受けて、さすがの貫禄です。

理屈はないけど、三谷さんの「大河ドラマ愛」が感じられ、冒頭で松岡が語る江戸の風景への愛着に、詩情が漂う。勝の妹・順の妃海風(ひなみ・ふう、元宝塚娘役)がリードする劇中歌で、江戸は世界に冠たる百万都市だったけど、当時の住民はそんなことは知らない、という歌詞が印象的だ。歴史的事件に遭遇していても、当事者はどれほど歴史的かは知らず、ただ眼の前の窮地を切り抜けようともがく。滑稽で、愛おしい。時代考証は山村竜也。

20180325_006

20180325_008

隣の芝生も。

MONO「隣の芝生も。」  2018年3月

時ならぬ春の雪のなか、京都をベースにする劇団の公演を初見。土田英生作・演出で、軽妙な会話のなかに、誰でも少しは裏があることを漂わせる。幅広い観客が集まった、こちらも初めての座・高円寺1。受付で席が決まる方式で、下手中段になって4200円。休憩なしの2時間。

ある貸しビルにある2部屋を、回り舞台で交互に見せる(美術は柴田隆弘)。心優しい元ヤクザの探偵4人組が、事務所の隣でスタンプショップを営む女性の人探しを手伝う。そのうち、自分たちが足を洗う契機になった事件の真相に気づいていく。
登場人物たちの不器用さ、互いを思いやるさまが温かく、可愛らしい。出だしは口調がちょっと馴染めなかったけど、徐々に笑いがツボにはまっていって、安心して拝見。品よくまとまっているだけに、ヒリヒリ感は薄いかな。

メーンのキャストは皆さんベテランで、安定感がある。妙な方言を使うヘナチョコ元組長の尾方宣久が、学生の頃から人の気持ちがわからなくて、という切なさで舞台を牽引。ビルオーナー「親父さん」の娘でしっかり者、高橋明日香との、そこはかとない恋が泣かせます。
放浪癖があり、事件の鍵を握る兄の大村わたる(柿喰う客、青年団)が、マッシュルームカットと掴みどころのなさで突出。木ノ下歌舞伎にも出てるんですねえ。元ヤクザの下っ端、金替康博が心優しくていい味。
ほかに惚れっぽいほうの兄貴分、水沼健は脚本・演出や大学准教授の顔もあり、説明好きの兄貴分、奥村泰彦は舞台美術でも活躍と、キャリアがある。土田英生は、金替の幼馴染のスカジャンヤクザで出演。ロンドン留学を経て映画・ドラマの脚本も手がけているとのこと。カーテンコールでは劇団結成30周年、という挨拶もありました。

20180321_004

キュリオス

ダイハツ キュリオス 東京公演  2018年3月

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品を観てきた。アクロバティックな超人技はもちろん、テーマのレトロフィーチャーに合わせて歯車や列車をあしらったスチームパンクなビジュアル、お茶目な振り付け、流れるような展開がとてもお洒落。演出はミシェル・ラプリーズ。

しかも昨年8月と超高速で押さえただけに、舞台に近い正面の素晴らしい席! シルク6回目で一番の幸せ感でした~ みんなニコニコ、ノリもいいお台場ビッグトップのSS席で1万3500円。30分休憩を挟んで2時間強があっという間だ。
以下ネタバレを含みます。

» 続きを読む

岸 リトラル

岸 リトラル  2018年3月

2017年の「炎 アンサンディ」再演が衝撃的だったレバノン出身ワジディ・ムワワド作、藤井慎太郎訳、上村聡史演出の組み合わせ。最終日に滑り込む。父親探しの旅と別れの、過酷で観念的な戯曲を肉体で見せる力作だ。シアタートラムの上手端、中段で6800円。

モントリオールに住む青年ウィルフリード(文学座で上村と同期の亀田佳明)はある夜、物心つく前に別れた父イスマイル(岡本健一)の訃報を受け取る。親戚たちから家族の墓地に葬ることを拒否され、呆然としていると、遺品の赤いスーツケースから投函されなかったウィル宛の手紙が大量に出てくる。
果たして父は何を思い、孤独に死んでいったのか。ウィルは埋葬の地を求め、遺体を背負って中東の祖国をさすらう。道中で合流していく男女は、内戦による深い傷を語っていく。歌う女シモーヌ(中嶋朋子)、父を殺めて銃を手放せないアメ(小柳友)、眼前で父母をなぶり殺され、ピエロを演じるサベ(文学座の佐川和正)、親に捨てられたピュアなマシ(ジュノン出身の鈴木勝大)、そして犠牲者たちを記憶しておこうと、かろうじて焼け残った電話帳を抱えて歩くジョゼフィーヌ(文学座の栗田桃子)。なんという底なしの人の残虐さ。やがて一行は広々した海岸にたどり着く…

「約束の血4部作」の1作目。全編ウィルの妄想のようで、荒唐無稽な飛躍も多い。謎解き要素に引き込まれた「炎」と違って、正直、休憩を挟んで3時間半を長く感じる。ギリシャ悲劇やアーサー王、ドストエフスキーを知っていたら入り込めるのかな。もっとも1997年初演初演は5時間半だったらしいけど。

もう勘弁、と言いたくなるグロテスクなエピソードが畳み掛けられるなか、俳優陣は笑いも交えて、熱演に次ぐ熱演だ。このエネルギーは凄い。亀田は冒頭から泡だらけで虚無的。出づっぱりで膨大なセリフを叫びまくり、世界を知って成長していく。
死者である岡本がなかなか緩急自在。どんどん黒ずんでいくあたりは滑稽味を漂わせ、終盤にはキリストの姿で青い絵の具を塗りたくられ、「彼岸」に寄せる命の輝きのよう。生前は悲惨な体験から逃避した人だけど、死して普遍的な父となり、残された子供たちを朗々と励ます。
中嶋が安定の透明感だ。岡本との力強い2重唱も染みる。空想の騎士を演じる大谷亮介が、軽妙なかき回し役。栗田のピュアさが際立ち、実直な佐川や鈴木もチャーミングだ。

舞台はシンプルで、左右の2枚の壁が奥に向かって狭まるスタイル。風に飛び散る手紙、鈍く光るビニールの天幕や、大詰めで床を外して海辺に転じるのが面白く、ライティングの変化が緻密だ。美術の長田佳代子、照明の沢田祐二も「炎」と同じ。
カーテンコールには上村も登壇。客席には佐野岳さんらしき姿も。

20180311_004

ホフマン物語

ホフマン物語  2018年3月

2014年のリヨン歌劇場公演が面白かったオッフェンバック作品を鑑賞。ひたすら心地よく、耽美的な音楽に、演出もスタイリッシュで堪能。芸術家っていうのは、人間としてはダメダメでも愛すべき存在なんだなあ。
指揮はフランス音楽の正統派セバスティアン・ルラン(新国初登場)、東京フィル。日本人キャストが多いせいか、着物の女性や一人客も目立ち、ブラボーがガンガンかかってました。新国立劇場オペラハウス、2階最前列の中央で1万9440円。30分休憩2回で3時間半。

絶望する詩人ホフマンのディミトリー・コルチャック(ロシアの若手テノール)は、野性的で格好いい。徐々に調子を上げて、4幕「僕を魅了するものは」あたりを存分に。悪役4役の大柄トマス・コニエチュニー(ポーランド生まれのバス・バリトン、新国初登場)が、世界的ワーグナー歌手らしく、太い声がよく響いて圧巻。3幕で芸術のために命を落とすアントニアの砂川涼子(藤原歌劇団のソプラノ)も、「雉鳩は逃げた」などが伸びやかで、際立ってた。見た目も可愛いし。
2幕の完璧だけど命をもたないオランピア、安井陽子(17年のジークフリートでも観た二期会のソプラノ)は「人形の歌」で超絶技巧を披露。舞台回しニクラウス/ミューズのレナ・ベルキナ(ウクライナ出身のメゾ、13年フィガロのケルビーノで聴いたベルカントのスター)は3幕「見ろ、震える弓の下で」や、男の鏡像を奪う魔性の娼婦ジュリエッタ、横山恵子(二期会のソプラノ)と3幕で大好きな「舟歌(バルカロール)」を聴かせた。

幻想的な演出はパリ生まれ、フィリップ・アルロー。16年「アンドレア・シェニエ」同様、シンプルながら、傾斜と廻り舞台の階段を多用してダイナミックだ。特に3幕が出色。上方から運命の弦楽器が吊られ、不安がひしひし。アントニアとホフマンの熱愛2重唱「ああ、信じていました」では楽器に代わって花が満ち、不気味な男声3重唱「危険を避けるために」から照明で変化をつけていくのも巧い。再演演出は澤田康子。
1幕の酒場には賑やかにフレンチカンカンが登場。色彩も鮮やかで、2幕の蛍光色の緑は魔酒アブサンを思わせる。4幕は斜めの巨大ゴンドラを背景に、退廃的な酒とギャンブルに興じる人々を赤で表現。天井に映りこむ感じも面白かった。5幕ラストは倒れたホフマンを全員が見守り、「涙によってさらに偉大になる」と大合唱、アポテオーゼ(エーザー版)でした。

20180310_007

木ノ下歌舞伎 勧進帳

木ノ下歌舞伎「勧進帳」  2018年3月

春らしくなってきた週末、古典が題材の「ミクスチャープレイ」で評判の木ノ下歌舞伎を初鑑賞した。監修・補綴は木ノ下裕一、演出・美術が杉原邦生。人の心の内にある「境界」の悲しさが印象的だ。現代語を使い、ラップやダンスを織り交ぜつつも、様式美をベースにした抑制が巧い。演劇好き男女が集まった感じのKAAT神奈川芸術劇場大スタジオ、整理番号方式の全席自由で、前の方を選んで3500円。休憩無しの1時間半。

2010年初演、2016年のリクリエーション版で文化庁芸術祭新人賞を受けた演目。シンプルな細長のステージを客席が両側から挟み、ガードマン風装束の義経一行と富樫警備隊が対峙する。
見どころの「山伏問答」や「延年の舞」を生かしているが、歌舞伎では比較的静かに長唄を聴く「判官御手を取り給い」のシーンをクローズアップ。向き合う義経(高山のえみ)と弁慶(リー5世)の間に、照明で斜めの「境界線」を引き、思い合っていても決して近づけないことの切なさを浮かび上がらせる。大詰めで、義経が客席通路の階段を上がっていき、遠い目で弁慶を振り返るシーンも印象的。

一方の富樫(坂口涼太郎)がチャーミングだ。歌舞伎の新・白鸚や吉右衛門で観てきた富樫は、すべてお見通しの雰囲気だけど、今作ではしがない一公務員。義経一行の、命がけだからこそ明るく充実した姿に衝撃を受け、勢いで関を通しちゃう。その後、宴会に誘おうと、レジ袋を下げていくのが愛らしい。世の権力はびくともせず、着々と彼らを追い詰めていくさまに、やっちまったと思いながらも、なんとも言えない開放感で空を見上げる。いいなあ。

おかっぱの坂口が飄々として、とてもいい味。ニューハーフの高山も、すらりとした容姿と野太い声、腰を落とし、ゆったり進むハコビや涙を隠す所作で、高貴さを表現する。リーは大柄なのが弁慶らしいけど、たどたどしい関西弁でちょっと微妙かな。義経側の四天王と富樫側の番卒を、岡野康弘(Mrs.fictions)、亀島一徳(口口)、重岡漠(青年団)、大柿友哉(害獣芝居)の同じ4人が、交互にめまぐるしく演じて大活躍だ。音楽はTAICHI MASTER、振付に木皮成。
客席には今井朋彦さんの姿も。

20180304_032

FUN HOME

FUN HOME  ファン・ホーム  2018年2月

2015年トニー賞受賞のミュージカルを、翻訳モノで秀作が続く小川絵梨子の演出で。なんと初ミュージカルとか。自分を肯定できなかった父との日々、別れを回顧する。哀しい物語だけど、コミカルなシーンや、軽快な楽曲とのバランスが素晴らしく、家族愛が胸に染みる。日本人キャストも高水準だ。宝塚から四季まで、女性ファンが多数のシアタークリエ、中央で1万800円。2時間弱とコンパクト。

43歳の漫画家アリソン(瀬奈じゅん)が、故郷ペンシルバニアでの日々を描き始める。原作はアリソン・ベクダルの自伝コミックだ。
高校教師と家業の葬儀屋(ファン)を掛け持ちしていた父ブルース(吉原光夫)は、ゲイであることをひた隠しにした挙げ句、教え子と事件を起す。家を出て大学に通っていたアリソンが、両親にレズビアンだと告白した数カ月後、自ら命を絶つ。自分を受け入れて生きるアリソンは、自問し続ける。父はいったい何を思っていたのか?
アンティークや文学を愛した父は、アリソンの美意識に強い影響を与えた人。LGBTは特殊に思えるけど、不器用ながらとても親密な2人の間柄は、誰にでも覚えのある親子だ。電話や久しぶりのドライブでの会話、そしてラストの飛行機遊びのエピソードが切ない。世間の抑圧を抜け出す勇気さえあれば…

「ビューティー・クイーン・オブ・リナーン」が良かった吉原が、複雑な心理を繊細に表現。アリソンの少女時代を演じる笠井日向(ダブルキャスト)は、とても小6とは思えない歌いっぷりだ。大学時代の大原櫻子も、きびきびと伸びやか。瀬名は引き気味の演技で、客観的な視点を提示。アリソンの恋人に横田美紀、母に紺野まひる、ベビーシッターのロイなどで上口耕平。
脚本・歌詞リサ・クロン、音楽ジニーン・テソーリ。美術は二村周作。
外は東京マラソンで賑わってました~

20180225_032

密やかな結晶

密やかな結晶  2018年2月

小川洋子のファンタジーを、鄭義信脚本・演出で。ミュージカル風で可愛らしかったけど、終盤のヒリヒリ感はいまひとつかな~ 主催・企画制作はホリプロ。東京芸術劇場プレイハウス、中ほどで9000円。休憩を挟み3時間弱。

「フォーゲット島」は鳥や香水といったモノ、それにまつわる記憶が徐々に「消滅」していく不思議な孤島。外見は若者の「おじいさん」(村上虹郎)と暮らす小説家の「わたし」(石原さとみ)は、禁じられた記憶を隠しもっており、担当編集者「R氏」(鈴木浩介)も「記憶保持者」だと知って、隠し部屋に匿う。いつしか2人に恋が芽生えるが、秘密警察(山内圭哉ら)の厳しい「記憶狩り」が迫り、わたしの存在も消滅の危機に…

「消滅」というテーマは舞台や小説でいろいろあるけど、問答無用で切ないなあ、と改めて思う。人を形作るのは、誰にも奪えない大切な人との記憶であり、形のない記憶を支えるのは物語。だからR氏は消え行くわたしを、小説を書くよう励まし続ける。もっとも主演2人は、大きな舞台では求心力が弱かった感じ。
村上は期待通り、どこか頼りない持ち味がいい。密かにわたしを慕うたどたどしい歌と、雨のなかで迷子のようになるシーンが染みる。何故若者の姿のままなのか、モヤモヤしちゃったのが残念だったけど。
飛び道具的な山内が、コミカルな存在感を発揮。関西弁で存分に笑わせ、鈴木との兄弟の再会で泣かせる。手下などの藤原季節、山口ジェームズ武、福山康平ら若手も歌にダンスに健闘。
わたしの洋風邸宅などは乙女チックで、2階建てのセットを回して場面を転換していく。ラストで舞い上がる、無数の真っ赤な花びらが美しい。美術は土岐研一。

20180224_005



ヒッキー・ソトニデテミターノ

ハイバイ「ソトニデテミターノ」  2018年2月

作・演出岩井秀人。引きこもり経験を題材にした2003年「ヒッキー・カンクーントルネード」の続編を、2012年のプロデュース公演に続いて劇団で。「外に出る」ことがゴールにならない厳しい現実を、笑いをまぶして描く。東京芸術劇場シアターイースト、上手寄り前の方で4000円。休憩なしの2時間。

縁のついた四角い舞台に、ゴミゴミと家具や雑貨が並ぶさまが、引きこもり本人や家族の混沌を思わせる。暗転などを挟まずに、現在や過去、バラバラのエピソードをシームレスにつないでいくのが巧い。
引きこもり支援センターの黒木(チャン・リーメイ)と、アシスタントで元引きこもりの森(岩井)は、引きこもって10年の暴力的な鈴木(田村健太郎)や、28年近い完璧主義の斉藤(古舘寛治)をサポートしようとする。田村の母に能島瑞穂、父にお馴染み平原テツ、斉藤の父に猪股俊明。
鈴木の父がリストラにあい、初めて定められたレールに乗らず、自分で決めることの難しさに呆然とするシーンが重い。斉藤の悲劇があって、終始強気だった黒木も一気に混乱する。外にいる者が果たして、きちんと生きているといえるのだろうか?

20180218_020

«METライブビューイング「トスカ」