エレクトラ

りゅーとぴあプロデュース「エレクトラ」  2017年4月

ソポクレスらのギリシャ悲劇に基づく笹部博司りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)芸術監督の上演台本を、鵜山仁が演出。救いがたい憎しみの連鎖を、意外にあっけらかんと描く。これが古典というべきか。幅広い観客が集まった世田谷パブリックシアター、中央あたりで8500円。休憩を挟み3時間弱。

古代ギリシャ・アルゴスのアガメムノン(麿赤兒)はトロイア戦勝利のため、長女イビゲネイアを犠牲にする。それに傷ついた妻クリュタイメストラ(白石加代子)が夫を殺害。ファザコン気味の次女エレクトラ(高畑充希)は、母と愛人アイギストス(横田栄司)を激しく憎み、逃亡先から戻った愛する弟オレステス(村上虹郎)とともに復讐を果たす。トアスに逃れたオレステスは、実は生きのびて巫女となっていたイビゲネイア(中嶋朋子)と再会。姉弟たちは恨みの克服へと踏み出す。

一家が次々に悲劇をおこす愚かさは、観たばかりの「ハムレット」はもちろん、現代社会にも通じる。3面記事から国際紛争まで、人は2200年以上前からちっとも賢くなっていない。
一方で登場人物の極端な言動には、思わず笑いがもれるし、終盤で女神アテナ(白石が2役で)が強引に皆を諭しちゃうカタルシスは、なんだかお手軽な印象も。ギリシャ悲劇を観るのは、2015年に同じ鵜山仁演出「トロイラスとクレシダ」以来まだ2回目だけど、理屈以前の昔話の風情があるなあ。

照明を落とした丸いステージの中央に、前半は宮殿の柱、後半は女神像を置いただけのシンプルなセット。ベテランの白石、麿(意外に初見)、そして横田、中嶋がたっぷり存在感を示す。特に横田は、いつも通り声が朗々として愛嬌もあってさすがだ。
この手練れたちに、若い2人がぶつかる構図が魅力的。タイトロールの高畑は、膨大なセリフと激しい感情の振幅、飛んだり跳ねたり歌ったりと大活躍だ。なにしろ鳳蘭や大竹しのぶが演じてきた役だもんなあ。声音が暑苦しくなく、リズム感もあって強靭だけど、色気は薄いかも。
昨年末の「シブヤから遠く離れて」で注目した村上は、弱々しいながら透明感を発揮して目をひく。唯一常識的な末娘クリュソテミスには初舞台の二村紗和。作曲と下手での打楽器演奏は芳垣安洋、高良久美子。

20170422_006

ハムレット

ハムレット  2017年4月

2015年に蜷川幸雄演出で観た悲劇を、「レ・ミゼラブル」などで知られ、英ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)で名誉アソシエイト・ディレクターも務めるジョン・ケアードの演出で。上演台本はケアードと今井麻緒子(松岡和子訳に基づく)。
シンプルなセットや衣装はすっかり能舞台だ。「人間のわからなさ」「人生の虚しさ」を描き出して、観る者の思考を強く喚起するセリフ劇。幅広く、落ち着いた演劇好きが集まった感じの東京芸術劇場プレイハウス、全体が把握できる2階席最前列で9000円。休憩を挟み3時間半。

装置は高度に抽象的だ。下手手前に向かって傾斜する四角いステージのみで、上手に俳優と尺八の藤原道山が座り、下手に客席。さまざまな文様や、四隅を照らすライティングと、藤原作曲・演奏の効果的な音楽でシーンを作っていくのが面白い。美術は「足跡姫」などの堀尾幸男、照明は中川隆一。

俳優は通常2、30人必要なところを、14人で全員が複数の役を演じる。劇中劇とあいまって、人間存在の2重性、不確かさを描きだす。
俳優陣は達者揃いだ。特に内野聖陽。母の不倫に苦悩し、力尽きる理想家ハムレットと、対照的に劇中では唯一サバイバルする誇り高いノルウェイ王子フォーティンブラスとを演じる。振幅の大きさがさすがだ。48歳だそうだけど、未熟にも、老成しているようにも見えちゃう。
語り部的役回りの親友ホレイショ―、北村有起哉はいつものように色気たっぷり。オーディションで決まったという決闘相手レアティーズの加藤和樹は立ち姿が映え、透明感ある恋人オフィーリアの貫地谷しほりは、運命の伝令オズリックもこなす。
敵役クローディアスと王の亡霊は曲者・國村隼。蜷川版では亡き平幹二朗の水ごりにびっくりしたけど、國村は普通人ゆえの開き直りに説得力がある。ほかに宰相ポローニアスに声のいい壌晴彦、墓掘りに村井國夫、母ガートルードに美しい浅野ゆう子、ハムレットの学友に山口馬木也と今拓哉。

休憩後の2幕冒頭、1幕のラストを巻き戻すなんて楽しい工夫も。シェイクスピアってつくづく、懐の深い入れ物なんだなあ。

20170415_005

20170415_009

新宿末広亭四月上席

新宿末広亭 四月上席  2017年4月

ホール落語を聴いてきて、ついに初めて寄席に足を運んだ。雨交じりの新宿三丁目、けっこう若者が目立つ新宿末広亭・上席(かみせき)で3000円。オール自由席のなか、下手寄りの桟敷をチョイス。マイク無しで聴ける距離が新鮮だ。昼の部13時半ぐらいから観始めて、お寿司などをつまみつつ、入れ替え無しで夜の部21時までたっぷりと。

昼の部は代演が多かったが、寄席ならではのベテランを味わう。金原亭馬之助は相撲の階級などの漫談+お座敷芸風の百面相。金原亭伯楽は旬の「長屋の花見」。卵焼きのつもりの沢庵とかが馬鹿馬鹿しい。桂文楽「看板のピン」で中入りとなり、後半は柳家一九「湯屋番」、柳家小団治が五輪メダルのマクラから「ぜんざい公社」、トリで柳家小満ん「盃の殿様」。国元と吉原の間で盃をやり取りする。この中では桃月庵白酒「つる」が安定感抜群でした。

夜の部は開口一番の柳家花ん謝がいい。花緑さんの弟子の二つ目です。柳家東三楼のあと、柳家三三がけっこう自由な毒舌ぶりで、律儀な独演会の印象とはずいぶん違う。柳家喬太郎が得意のウルトラネタでいい弾けっぷり。柳亭市馬、鈴々舎馬風と豪華リレーだ。
中入りを挟んで新真打口上。林家ひろ木を祝い、喬太郎の司会で小朝、馬風、師匠の木久扇が挨拶し、市馬さんが相撲甚句を朗々と。続いて小朝、木久扇、柳家さん喬、トリはひろ木。真打というには、おぼつかない感じは否めないけど、津軽三味線も披露して一生懸命です。

急がないけど、するする進んでいくテンポ、力の抜けた感じ、そしてテレビではお目にかからない多彩な色物が楽しい。この日は松旭斉美登・美智のキャンデーを撒く奇術、林家ぺーの漫談、カンジャママイムのマイム、楽一の紙切り(セクシーポーズとか)、すず風にゃん子・金魚の漫才、翁家社中の太神楽などでした。あ~、堪能した。

20170409_001

夜桜能「絃上」「仏師」「西行桜」

第25回奉納夜桜能 第二夜  2017年4月

まさに満開の桜と月のもと、薪能を鑑賞。風が吹くとすごく寒かったけど、風情は満点だ。靖国神社、由緒ある木造の能楽堂前にパイプ椅子を並べた席の、下手寄り前の方で1万1500円。休憩を挟み2時間弱。フジテレビと社団法人夜桜能(松元崇会長)主催。

18:40から経営者らが務める火入れ式があり、まず舞囃子「絃上(けんじょう)」。中国伝来の琵琶にまつわる伝説を描いたそうで、梅若長左衛門が直面(ひためん)で、平安文化を開花させた村上天皇の霊となり、爽やかに早舞をみせる。
続いて狂言の「仏師」。仏師を探し、都で呼ばわりながら歩く田舎の者(野村萬斎)に、お馴染みスッパ(野村万作)が、なんと自ら仏像になりすまして、お代をせしめようとする。田舎者の修正要求に、スッパがあたふた応えて大騒ぎ。正統ドタバタコメディだなあ。

休憩で参集殿に避難して風をよけ、甘酒を買って少し暖まる。 後半はシチュエーションにぴったり、世阿弥が和歌を元につくった能「西行桜」だ。西山にある西行庵では老木の桜が満開。西行法師(森常好)は煩わしいと、能力(のうりき=寺男、声がいい深田博治)に花見禁制を言いつけるものの、はるばる訪ねてきた花見の人々を受け入れ、桜のために暮らしを乱されたと詠む。すると夢に桜の精(梅若玄祥)が現れ、桜に咎はない、と諭し、花の名所をたたえて静かに「太鼓序の舞」を舞う。
昼の賑やかさから一転、夜が更けて、古木に見立てた作り物から、翁の面をつけたシテが登場する。白と金の衣装が美しく、悠々とした雰囲気。杖を持つ演出でした。

20170404_011

20170404_012

20170404_015

ルチア

ルチア  2017年3月

新国立劇場2016/2017シーズンの注目作、ガエターノ・ドニゼッティの19世紀ロマン主義「ルチア」新制作に足を運んだ。美しい旋律、新国立初登場の粒ぞろいの歌手たちと秀逸な演出で、完成度の高さに満足。指揮はミラノ出身のジャンパオロ・ビザンティで、エネルギッシュだ。東フィル。よく入ったオペラパレスの上手寄りで2万4300円。休憩2回で3時間強と、テンポがいい。

物語はスコットランド版ロミジュリで、仇敵ゆえに恋を引き裂かれたルチアが、政略結婚した新郎を殺し、狂乱のうちに命を落とす。2012年にコンサート形式で聴いた「歌う女優」ナタリー・デセイの感動を、鮮明に覚えている。
今回も歌手が高水準で、波動が響くライブならではの経験。ピカイチは兄エンリーコのアルトゥール・ルチンスキー(ワルシャワ生まれのバリトン)かな。冒頭の「お前は残酷で」から朗々とした声で、2幕フィナーレの6重唱では内面の苦悩を表現。
タイトロールの美形オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ(サンクト出身のソプラノ)も、METなどで活躍中とあって、ハイDの高音や、「狂乱の場」などの超絶コロラトゥーラを存分に聴かせつつ、繊細。りりしい乗馬服姿からの着替えで、ドキドキさせる。恋人エドガルドのイスマエル・ジョルディ(スペインのテノール)は甘い声で、大詰めのゆったりした「祖先の墓よ」で泣かせる。ほかに結婚相手アルトゥーロに小原啓楼(テノール)、教育係ライモンドにお馴染み妻屋秀和(バス)、お付きのアリーサに小林由佳(メゾ)。

モンテカルロ歌劇場との共同制作が、また詩情豊かで美しい。モナコ生まれの歌劇場総裁ジャン=ルイ・グリンダの演出は、色彩を抑えて厳しい自然を強調。岸壁で砕ける波や鳥影をプロジェクションマッピングで表現し、全くわざとらしくない。横からの照明の効果で陰影が濃く、人物はまるでレンブラントの絵画のようだ。
それだけに狂乱の場でルチアが新郎の首を、なんと歌舞伎ばりに槍に刺して出てくるシーンが、実に衝撃的。花嫁のベールは黒だし。奏者サシャ・レッケルトがグラスハーモニカを発展させたというヴェロフォンが、神秘的な音色を添える。ほかにもルチアの心象風景の岩山が登場したり、ラストではエドガルドがルチアの遺体を抱いて断崖を登ったりと、ドラマティックな仕掛けがたっぷり。素晴らしかった~

20170326_006

METライブビューイング「ルサルカ」

METライブビューイング2016-17第6作「ルサルカ」  2017年3月

2014年にやはりライブビューイングで、ロマンチックなルネ・フレミング版を鑑賞したドヴォルザークの妖精オペラを、新制作で。サー・マーク・エルダー指揮。タイトロール、クリスティーヌ・オポライス(ラトヴィアのソプラノ)の鋭い眼光のせいか、前回とは違って人間が抱える業が印象的な、大人のファンタジーになっていて驚く。2月25日上演。東劇のやや後方、休憩2回を挟み4時間。

ハープが際立つ、流麗で親しみやすい旋律に加えて、切れ目ない朗唱や妖精3人娘など、ワーグナー風なんだなあ、と認識。じっくり聴くと、互いにうわべの美しさに惹かれて、内面をぶつけ合わないままこじれてしまう、愚かな男女の物語に思える。
色が美しいステージをオポライスが制圧。1幕の名アリア「月に寄せる歌」こそ幻想的だけど、全般に声が強い。3幕重唱「口づけして安らぎを」で、王子に死のキスを与えるあたり、堂々たるファムファタールです。なにしろ男のコートを羽織って去っていくんだものなあ。対する王子ブランドン・ジョヴァノヴィッチ(米国の若手テノール)は柔らかく、ルサルカの冷淡さに1週間で飽きちゃったり、情けなさ満載だ。
外国の王女はワーグナー歌いのカタリーナ・ダライマン(スウェーデンのソプラノ)。2幕でさんざん王子に迫ったのに、さっと身を翻すプライドの高さがいい。カエル手の父は、安定のエリック・オーウェンズ(フィラデルフィア生まれのバスバリトン)。魔法使いイェジババのジェイミー・バートン(ジョージア出身のメゾ)が「ナブッコ」の妹姫から一転、いい弾けっぷりだ。スペードの女王風の、癖の強い役を楽しんでいる感じで、カーテンコールの拍手も多かった。

見ごたえのある演出は、2011年に「ルチア」を観たメアリー・ジマーマン。なにより場面ごとの色使いが、湖は暗い青と緑、視界が開ける平原は黄、城は強烈な赤とオレンジ、破滅の森はモノトーンと鮮やかだ。バートンが引き連れる半人のモンスターたちや、城に現れたオーウェンズの背景に降り注ぐ水、森に浮かぶ月などは童話風。一方で、城でのオポライスの着替えシーンから仮面群舞に至るあたりは、非常に官能的で目を見張らされる。

案内役はお馴染みポレンザーニ。特典映像でゲルブ総裁自ら、METリンカーンセンター移転50周年記念ドキュメンタリーを紹介していて、往年のスター、レオンタイン・プライスの快活なインタビューが、ちょっと観ただけでも感動的でした~

炎 アンサンディ

炎 アンサンディ  2017年3月

レバノン出身、カナダ、フランスで活動するワジディ・ムワワドの2003年の戯曲を、早大教授の藤井慎太郎が翻訳、文学座の上村聡史が演出。2014年に数々の演劇賞を受けた舞台の再演を、最終日滑り込みで観ることができた。
人はどこまで残酷になれるのか、沈黙を貫くということ、そして約束を果たすこととは。初演のスタッフ、キャストが集結し、人間の尊厳を問う重いストーリー、秀逸な演出、演技が激しく心を揺さぶる。年配の芝居好きが集まったシアタートラムの下手中段で6800円。休憩を挟み、緊迫の3時間半だ。

5年も心を閉ざしていた中東系カナダ女性ナワル(麻実れい)が、世を去った。公証人エルミル(中嶋しゅう)は双子の子供、数学者ジャンヌ(文学座の栗田桃子)とボクサーのシモン(小柳友)に謎の遺言を伝える。「あなたたちの父と兄を探しだし、手紙を届けてほしい」と。姉弟は戸惑い反発しながらも、封印された母の過去をたどり始める。
中東の内戦を舞台にしているが、世界の不確実性が高まる現在、憎しみの連鎖の不条理が鮮烈に迫ってくる。目を背けたくなる過酷さに対し、戯曲は決して声高に理屈を叫ばない。スリリングな謎解きでぐいぐい引っ張り、衝撃の真実が明らかになってからは、一人ひとりの愛する力を信じる、静かで強靭なメッセージへとなだれ込む。

俳優陣が頼もしい。なんといっても、ナワルの恋する少女時代から闘う40代、深い悔恨を示す60代までを演じ切る麻実が圧巻。凛としたたたずまいと深い声で、説得力抜群だ。また岡本健一も見事で、ナワルの純な恋人や、ロックを歌いながら殺戮を繰り返しちゃうキレキレの狙撃兵ら、雰囲気の違うキーマン数役をこなす。
劇中で成長していく栗田、小柳に切なさがあるし、お馴染みの中嶋は飄々と温かい雰囲気がいい。ナワルの親友サウダなどの那須佐代子(青年座)、元看護士アントワーヌなどの中村彰男(文学座)も達者。特に小柳はチャーミングで、「マーキュリー・ファー」「BENT」と、実にいい仕事を選んでいるなあ。

演出も洗練されており、時空を超えて人物が交錯する複雑な設定を、小ぶりの椅子、大きな布などのシンプルなセットで、手際よく提示する。意表をついて人物が出入りする小さい穴や、雨のなか家族を包むシートの存在が印象的だ。美術は「豚小屋」などの長田佳代子。

20170319_002

足跡姫

NODA・MAP第21回公演「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)~  2017年3月

作・演出野田秀樹。2012年にみとった盟友18代目中村勘三郎へのオマージュと宣言し、肉体の芸術が死によって消えてしまう切なさ、それでも滅びない情熱=足跡と舞台人の覚悟を、実力派キャストでストレートに歌いあげた。
近作に目立った政治メッセージは影をひそめ、掛け言葉やリズミカルな足拍子など、遊びがぎっしり。イメージの奔流、そしてほとんど反則技の涙で押し切っちゃう。潔いなあ。男性客が目立つ東京芸術劇場プレイハウス、下手バルコニートップのいい席で9800円。休憩を挟み3時間弱。

江戸時代のどこか。踊り子の三、四代目出雲阿国(宮沢りえ)と、弟で劇作家となる淋しがり屋サルワカ(妻夫木聡)は禁制の女歌舞伎を続けるため、将軍御前での上演を目指す。
勘三郎を体現する宮沢が、いつもの透明感で舞台を強力に牽引。阿国の色気と足跡姫の野性の対比が際立つし、ダンスも進化(振付は「逆鱗」などの井手茂太)。対する野田の役回りとなる妻夫木は、声がよく通って、頼りなさと明るさが魅力的。2007年「キル」から「南へ」「エッグ」と、ときに戯曲に押され気味かと思ってたけど、確実に成長してますねえ。
サルワカを助ける売れない幽霊小説家(古田新太、得意の殺陣も少し)、実は幕府転覆を企てた由井正雪の亡霊や、正雪配下の戯けもの(佐藤隆太)、正雪の遺体を追う腑分けもの(野田秀樹)、座長・万歳三唱太夫(池谷のぶえ)と妹分・踊り子ヤワハダ(鈴木杏)がからむ。複雑だけど、皆さすがの安定感で混乱はない。伊達の十役人を、野田版やコクーン歌舞伎、平成中村座の参謀だった中村扇雀が演じて、コミカルに舞台回しを務める。

ベースになるのは2月の歌舞伎座で予習した、寛永元年(1624年)に江戸歌舞伎を開いた初代勘三郎の物語。盆と花道を備えたシンプルなセットに、修羅能「田村」からすっぽん、揚幕の金輪まで、歌舞伎アイテムをこれでもかと散りばめていて楽しい。さらにはカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲! シネマ歌舞伎で観た「野田版研辰の討たれ」を想起させ、妻夫木の直球のセリフに問答無用の慟哭だ。すべてが虚構に過ぎない舞台を、名優とともに体験できる幸せ。美術はお馴染み堀尾幸男、ドキッとする薄物など衣装はひびのこづえ、作調は田中傳左衛門で囃子も。
分厚いパンフレットで、野田さんが綴る勘三郎の「足跡」のエピソードが素晴らしい。戯曲の載った「新潮」も買っちゃった。

20170304_008

20170304_011

METライブビューイング「ロメオとジュリエット」

METライブビューイング2016-17第5作「ロメオとジュリエット」  2017年2月

いわずとしれたシェイクスピア劇を、「ファウスト」のシャルル・グノーがオペラ化、パリ万博に合わせて1967年に初演した作品とのこと。実力容姿兼ね備えたタイトロール2人が甘い恋を存分に。ただ曲調は、まったりした印象だったかな。聴衆のブラボーが多い1月21日上演。割と空席がある東劇中央あたり、休憩1回で3時間15分。

NYで観劇できて、素晴らしかった2015年「真珠採り」と同じ、指揮ジャナンドレア・ノセダ、ジュリエットにドイツ出身のコロラトゥーラ・ソプラノの女王、ディアナ・ダムラウという安定コンビだ。ダムラウは1幕「私は夢に生きたい」から技巧ばりばり、後半で強い女性に変貌してからは迫力も十分。インタビューで「ヴィオレッタ(椿姫)ごめんなさい、こっちの方が好き」と語ってましたね。対するロメオも美形ヴィットーリオ・グリゴーロ(イタリアのテノール)で、2幕「昇れ、太陽よ」などが甘美かつ繊細。幕切れ「愛の2重唱」まで、相性のいい2人が舞台を支配する。
主役に焦点が絞られ、脇はあまり目立たない演目だけど、マキューシオのエリオット・マドール(METオーディション出身、カナダのバリトン)に色気があって楽しみだ。ローラン神父のミハイル・ペトレンコ(ロシアのバス)はこのロマンチックな内容には存在感があり過ぎかも。ほかにズボン役・小姓ステファーノにヴィルジニー・ヴェレーズ(メゾ)。

「王様と私」のトニー賞受賞者、バートレット・シャーによる新演出は、18世紀半ばの設定だそうで、暗い広場のワンセットを照明などで転換していく。巨大な1枚布が広いベッドから結婚式のドレスへ転換していく手法がお洒落だ。
動きが激しく、ダムラウは駆けまわるし、グリゴーロも壁によじ登ったり。衣装は古風で美しい。それでもやや平板な印象が否めなかったのは、たまたま蜷川幸雄や藤田貴大の鮮烈な演劇で観てきたストーリーだからかなあ。カーテンコールでグリゴーロがダムラウをお姫様抱っこして、盛り上がってました~

司会は2010年ロイヤルオペラ来日公演の「椿姫」で、なんと代役の代役でピンチを救った可愛いアイリーン・ペレス。活躍してるんですねえ。懐かしいな。

武部聡志ORIGINAL AWARD SHOW~Happy60~

武部聡志ORIGINAL AWARD SHOW~Happy60~   2017年2月

作・編曲家、プロデューサー武部聡志の還暦を祝うイベントに足を運んでみた。なんと83年から公演の音楽監督を務める松任谷由実や、久保田利伸をはじめとして、超豪華メンバーが次々に名曲を歌ってとっても贅沢! 温かいお祝いムードも気持ちが良かった。
総合演出は松任谷正隆。幅広い年齢層が集まった東京国際フォーラム、ホールAの2F、上手寄りで1万3000円。2Fでものっけからスタンディングオベーションが多くて驚く。休憩無しのたっぷり3時間半。

舞台前の丸テーブルに出演者が座り、恵俊彰が司会する音楽祭形式。2巨頭のほかにも超巧い平井堅、グルーブがあるスガシカオ、演技力抜群の斉藤由貴(編曲家としての出世作が85年の「卒業」)や一青窈(2000年代にプロデュース)、いつもながら楽しそうなゴスペラーズ、伸び伸びmiwaらが、武部さんゆかりの曲を披露した。デビューから面倒をみてきた才能あるアーティストが、たくさんいるんですねえ。さらにプレゼンター(出演者の紹介役)としてユーモアたっぷりの小山薫堂などなども登場。
武部さんがミュージシャンを目指した原点だというスティービー・ワンダーのメドレーは1976年「キー・オブ・ライフ」からで、私自身さんざん聴いたアルバムだけに大感激。特に久保田利伸の「AnotherStar」が格好いい! そしてプロへの道を開いた恩人だというムッシュかまやつの、従妹・森山良子が届けた「ぐるぐる」だらけの不思議な手紙を読んでから、ムッシュメドレーへ。本編はバンマス武部、ボーカルがスガシカオのkokuaが締めました。
幅広い活躍の背景にはスタイリッシュなブラックミュージックの感覚と、3歳からクラシックピアノを弾き、音大に通った確かな職人的技術があるんだなあ、と納得。

アンコールもたっぷりで、武部さんのピアノを囲んで出演陣がノンストップで歌い継ぐ。久保田利伸が大サービスの「Missing」、オオトリのユーミンは2013年40周年コンサートでも、ふたりによるアンコールだった「卒業写真」という、問答無用の惜しみない選曲。内容が濃くて素晴らしかったです~

と、大満足してたら、なんとコンサート2日後に、ムッシュの訃報が届いてしまい、しんみりしました… 「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」、格好良かったなあ。

«歌舞伎「猿若江戸の初櫓」「大商蛭子島」「四千両小判梅葉」「扇獅子」