« 郝景芳短篇集 | Main | 邂逅の森 »

May 17, 2020

やわらかな兄 征爾

征爾はとにかく「当たってくだけろ」主義で、桐朋の学生のころはよく日比谷公会堂のコンサートに切符がなくても通っていた。

「やわらかな兄 征爾」小澤幹雄著(光文社知恵の森文庫)

実弟で俳優の著者、愛称「ポン」さんが、やんちゃで涙もろいマエストロの横顔をつづったエッセー集。1985年の出版で、あとがきのみ2019年執筆。自分がたしなむ落語のこととか、内容は気ままなんだけど、家族ならではの温かさが心地いい。
渡欧し破竹の勢いで世に出ていくところとか、その後の贅沢で華麗な日常も面白いけれど、少年時代、貧しい日常の中で周囲がその才能を見出してくさまが感動的だ。なにしろ上の兄2人が言い出して、親戚のピアノを譲ってもらい、リアカーに載せて、2日がかりで40キロ運んだのだから。
オザワが指揮を学ぶようになってからは、チケットもないのにめぼしい来日コンサートなどの演奏会にたびたび潜り込み、切符売り場のおばさんに顔を覚えられちゃったらしい。おばさんの「明るくて、憎めない人だったねえ」というコメントは、ちょっと出来すぎだけど、さもありなんと思わせる。
ご兄弟はよく似ていて、私もホワイエでお見かけしたことがある。行間に愛嬌が漂うのも、共通項というか、大陸的ということなのかもしれない。(2020年5月)

« 郝景芳短篇集 | Main | 邂逅の森 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 郝景芳短篇集 | Main | 邂逅の森 »