« チョンキンマンションのボスは知っている | Main | 掃除婦のための手引書 »

April 11, 2020

拾った女

「仕事はやめる。行こう、ヘレン」俺たちは開いたドアを抜けた。

「拾った女」チャールズ・ウィルフォード著(扶桑社ミステリー)

1988 年に没したカルト的人気の犯罪小説家の「幻」の第2作で、1955年発表。その日暮らしでアル中の男女の、平凡だけど底なしの虚無を描く。解説は杉江松恋!

霧濃いサンフランシスコを舞台に、安カフェ店員のハリーが一人称で語る。ある夜、小柄でブロンドで、したたかに酩酊した美女ヘレンが店に現れ、運命の恋に落ちる。衝動的に店を辞め、ボロアパートで一緒に暮らし始めるが、ヘレンの肖像を描く幸せな日々はあっという間に行き詰まり、死の衝動が2人をとらえ始める…

凝った謎解きとかはないんだけど、ハリーのクールな造形が読む者を引っ張る。酒に溺れるダメ男で、腕っ節は強い。実はかつて、少しは将来を嘱望された抽象画のアーティストだった…。戦争の傷跡と、最後の最後で明かされるパーソナリティー(このへんは小説ならでは)も含めて、格好いいんだなあ。浜野アキオ訳。(2020.4)

« チョンキンマンションのボスは知っている | Main | 掃除婦のための手引書 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« チョンキンマンションのボスは知っている | Main | 掃除婦のための手引書 »