« November 2019 | Main | January 2020 »

December 30, 2019

政宗の遺言

わしはすでに七十の声を聞いた。そろそろ寿命であろう。まだ馬にも立派に乗れるのに、公方さまの役にも立たず、むざむざと畳の上で死ぬのは口惜しきことぞ

「政宗の遺言」岩井三四二著(H&I)

三代将軍家光の治世まで生き抜いた、最後の戦国武将・伊達政宗。本作は派手な英雄譚ではなく、年老いて死を覚悟した五カ月を描く。時代小説にも、いろんな観点があるものです。

将軍への「最後の暇乞い」のため、正宗は病身をおして江戸へ向かう。物語は、側近く付き従う新参の小姓・瀬尾鉄五郎の視点で進む。
鉄五郎は江戸で生まれ育ったため、伊達家の来歴に詳しくない。正宗が問わず語りに振り返る、若き日の父の死に様に衝撃を受け、また老齢の侍・伊左衛門の語りから、いくさと謀略に明け暮れた日々を知る。英雄の人生が、なんと殺伐としていることか。

江戸では屋敷に曲者が侵入したり、不穏な空気がみなぎっている。どうやら太平の世になっても、伝説の武将の謀反を密かに恐れる幕府との間に、緊張があるようだ。果たして謀反の証拠となるようなものは存在するのか、そして正宗の真意は… 長編の後半、サスペンスが高まっていく。

犠牲にしたはずの、人間らしい心情が印象的。若い鉄五郎の洞察が見事です。
初出は2016年から18年の月刊「武道」の連載。日本武道館が発行している武道専門誌だそうです。知らなかったなあ。(2019・12)

 

December 10, 2019

開高健短篇選

つまり、そもそも開口にとって内面とは、うかつに触れたり探求したりすることがきわめて困難な恐怖の対象だったのである。

「開高健短篇選」大岡玲編(岩波文庫)

没後30年の作家の「決定版」短篇集。編者の解説が素晴らしい。学生時代に初期の長編「日本三文オペラ」に魅了されたわけに、我ながら初めて気づいた感じ。伝統の私小説を退けた、「乾いて俯瞰的な視点」が格好良かったのだ。
後年、世界各地で釣りを楽しんだり、「週刊プレイボーイ」で連載したりして、行動的で男っぽい印象になったけれど、本書を読み通してみると、ずいぶんイメージが違う。編者は1957年の衝撃的デビュー作「パニック」、芥川賞受賞作「裸の王様」に、作家の「外へ!」との宣言を読み取りつつ、逆説的な心理に踏み込む。つまり、そう宣言しなければ精神がもたないほど、内面に深い闇、「生きることそのものの恐怖」を抱えていたという指摘だ。
アウシュヴィッツ体験を書いた1962年「森と骨と人達」を読むと、その切迫感と諦念ないまぜの雰囲気が伝わってくる。五輪ルポを書いた1964年、サイゴンに身を投じたのも、正義感とか、時代の現場に対する情熱とは違った動機だったのだろう。
戦下の苛烈な体験は、あまりに有名なルポや長編に結実したのだけれど、本書で1965年「兵士の報酬」などをへて、世を去る一年前の1988年「一日」に触れると、むしろ生々しさは影をひそめる。あるのは人間存在のどうしようもない哀しみ、「ひんやりとした鉱物的な淋しさ」。染みるなあ。
文化大革命の狂気を題材にした1978年「玉、砕ける」(川端康成文学賞)も、昨今の香港情勢を思いつつ読むと、さらに苦い。世界を旅した作家の内面に、どんな風が吹いていたのか。
ラストはさりげない都会の人間模様のスケッチ、1990年刊行で遺作となった「掌のなかの海」。この作家が、せめてあと十年生きていたら、どんな作品を世に出していたか、と思わずにはいられない。(2019.12)


 

« November 2019 | Main | January 2020 »