« 鬼嵐 | Main | パンドラの種 »

August 28, 2019

国宝

何かを見ているわけでもなく、何かを考えているわけでもないからっぽの体。しかしそのからっぽの底が、そんじょそこらのからっぽの底とは違い、恐ろしく深いことが誰の目にも明らかなのでございます。

「国宝  上・青春篇 下・花道篇」吉田修一著(朝日新聞出版)

「悪人」「路」などの稀代のストーリーテラーによる、歌舞伎役者の一代記。高度成長期を背景に、まるで昭和任侠映画を観ているような、大時代な波乱万丈がたまらない。

喜久雄は長崎の極道の家に生まれながら、上方歌舞伎に入門し、やがて東京へ進出、類まれな美貌で立女形へと上り詰めていく。「なのでございます」という講談調の地の文からして、小説世界がまるで歌舞伎。なにしろ幕開けから、雪の料亭で美少年が踊る「関戸」、血なまぐさいヤクザの大立ち回りと、ドラマチックで「絵」が目に浮かぶ。

次々襲いくる病魔や事故を上回る迫力なのは、登場人物の情念だ。宿命のライバルとなる御曹司・俊介をはじめ、取り巻く女たち、親と子、梨園や興行界の人々が、激しい愛憎劇を繰り広げていく。例えば俊介の母が口にする「うちは意地汚い役者の女房で、母親で、お師匠はんや。こうなったら、もうどんな泥水でも飲んだるわ」というセリフ。凄まじいなあ。
誰ひとり、すくすくと平穏には生きられない。「芸」にとりつかれた存在の執念と哀しさ、だからこその輝き。スターというのはえてして、健全というより過剰やアンバランスを感じさせるように思うけど、その「危うさ」が行間からたちのぼって、なんとも魅力的だ。

「二人道成寺」から「隅田川」「沓手鳥孤城落月」「阿古屋」まで、歌舞伎演目がストーリーとシンクロして面白い。映画やテレビ、お笑いの世界やゴシップマスコミ、鉄輪温泉の芝居小屋といった道具立ても凝っている。2017年から18年の新聞連載を単行本化。(2019・8)

 

« 鬼嵐 | Main | パンドラの種 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 鬼嵐 | Main | パンドラの種 »