« おれは非情勤 | Main | 現代経済学の巨人たち »

September 15, 2018

ラッシュライフ

想像をしてみろ。馬鹿な失業者はもちろんのこと、自分ではうまくやっていると勘違いしている泥棒や宗教家、とにかく、今、この瞬間に生きている誰よりも私は豊かに生きている

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎著(新潮文庫)
積読の山から2002年出版、人気作家の第2作目を発掘。仙台を舞台に、裕福な画商やリストラにあった中年、空き巣狙い、新興宗教の信者ら5つの人物と、関わる人々の運命を描く群像劇だ。
登場人物はそれぞれに、人生の重大な転機に直面している。繰り返し登場するエッシャー「上昇と下降」が、そんな観る者の状況によって明るくも暗くも見えてくるのが、まさに騙し絵のよう。タイトルの「豊かな人生」の意味あいもいろいろだ。終盤にかけ、思わぬところで5つのストーリーが次々に交錯し、かつ時間軸の微妙なずれが種明かしされていくあたりは、超絶技巧ぶりに読んでいてクラクラする。
身勝手だったり絶望にかられていたり、共感できる人物は少なかったけれど、腕のいい泥棒の黒澤だけは魅力的。腕はいいけど欲は無く、人を食った物言いが小気味いい。作家の複数の小説に登場しているリンクだそうで、こういう仕掛けもファンにはたまらないんだろうなあ。(2018.9)

« おれは非情勤 | Main | 現代経済学の巨人たち »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラッシュライフ:

« おれは非情勤 | Main | 現代経済学の巨人たち »