« 蒲公英草紙 常野物語 | Main | おれは非情勤 »

August 26, 2018

サウスバウンド

家族のいる心強さに、二郎は胸が熱くなった。もう一杯御飯を食べたくなった。ひもじい思いさえしなくていいのなら、家族がいる限り、どこだって住めば都だ。

「サウスバウンド」奥田英朗著(角川書店)
積読発掘の続きで、手練の2005年作を読む。爽やかな成長と家族の物語。読めば必ず沖縄に行きたくなる。
主人公は小6男子の二郎。育ち盛りでお腹が減って仕方がない。自称作家の父・一郎は家でぶらぶらし、税金も社会保険料も払わない変わり者。実はかつて、名のしれた左翼の活動家だった。二郎は父に振り回され、散々な目にあいながらも、その自由・独立を求め、軋轢を恐れない強烈な個性を理解し、肯定していく。
子供が語り手の小説って、時に可愛い過ぎてちょっと苦手なんだけど、二郎のキャラはさほど無理なくヒネていて、さすがリーダビリティが高い。何より登場人物一人ひとりが、なんともチャーミングだ。
前半の「KADOKAWAミステリ」連載に加筆修正した東京編は、地元に近い中野が舞台。二郎は不良中学生カツに目をつけられ、苦境に陥る。ともに戦う親友たち、そしてカツのパシリの黒木との間に芽生える友情が泣かせる。沖縄の風を運んでくる居候、アキラおじさんの運命も切ない。
後半は一転、単行本書き下ろしの沖縄編だ。アキラおじさんが起こした事件をきっかけに、一家は故郷・西表島の、なんと水道も電気もない廃村に移り住む。しかし恐るべしユイマール。頼まなくても周りがどんどん、物資や食料を譲ってくれる。とことん親切で、とことん傍若無人な住民たちの言動には、ニヤニヤせずにいられない。
そんな平和な南の島でも、一郎は相変わらずトラブルメーカーで、本土のリゾート企業に激しく反発する。母・さくらのきっぷの良さ、そしてクライマックスを盛り上げる激しい雨の演出が素晴らしい。幕切れで種明かしのように、一郎のルーツとされる15世紀末の豪族・アカハチの言い伝えが語られるのも重厚だ。2007年に映画化。(2018・8)

« 蒲公英草紙 常野物語 | Main | おれは非情勤 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サウスバウンド:

« 蒲公英草紙 常野物語 | Main | おれは非情勤 »