« 若冲 | Main | 経済学に何ができるか »

April 29, 2016

天才と名人

ふたりが盟友であることと、好敵手であることは矛盾しない。ふたりは本気で、競いあって生きてきたのだ。すべてを賭けて、競いあって生きてきたのだ。その葛藤は、彼らのこころのうちにあって、だれにもわからない。

「天才と名人」長谷部浩著(文春新書)

天性の華で広く愛された中村勘三郎、そして抜群の踊りの名手10世坂東三津五郎。タイプは違えど、実力、人気とも梨園の中核を担った2人の芸の軌跡と素顔を、愛情をこめて綴る。著者は現代劇から出発して、伝統芸能をカバーした評論家であり、生前のそれぞれと親交があった。

私個人は歌舞伎を頻繁に観るようになって、まだ日が浅いのだけれど、読みながら2010年歌舞伎座さよなら公演で観た「助六」のシーンが甦った。祝祭的な、これぞ歌舞伎というべき演目で、2人は通人里暁と福山かつぎを演じていた。ともに飄々と力が抜け、自由で、それでいて色気たっぷり。盟友同士とはいえ、なにもまだ50代と、早すぎる死まで足並みを揃えなくてよかったものをと、悔しい思いを新たにする。

勘三郎は確かな芸の継承はもとより、野田秀樹らの新作から、コクーンや海外での公演まで実現して、歌舞伎のファン層を広げた。けた外れの情熱とプロデュースの才で、時代を駆け抜けたといえるだろう。
対する三津五郎ももちろん人気者だけど、勘三郎に比べれば堅実。着々とメーンのポジションを固めつつ、華々しい親友の活躍を応援する役回りだ。しかしその三津五郎が平成中村座に出ない理由を問われて、「同じ座元だから」と答えるところが感慨深い。
現代に生きるスターであり、互いに認めあう関係。それでも、それぞれ背負う江戸以来の「家」を意識しているし、覚悟を胸に秘めている。そのうえでの古典。深いなあ。(2016・4)

« 若冲 | Main | 経済学に何ができるか »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天才と名人:

« 若冲 | Main | 経済学に何ができるか »