« March 2016 | Main | May 2016 »

April 29, 2016

天才と名人

ふたりが盟友であることと、好敵手であることは矛盾しない。ふたりは本気で、競いあって生きてきたのだ。すべてを賭けて、競いあって生きてきたのだ。その葛藤は、彼らのこころのうちにあって、だれにもわからない。

「天才と名人」長谷部浩著(文春新書)

天性の華で広く愛された中村勘三郎、そして抜群の踊りの名手10世坂東三津五郎。タイプは違えど、実力、人気とも梨園の中核を担った2人の芸の軌跡と素顔を、愛情をこめて綴る。著者は現代劇から出発して、伝統芸能をカバーした評論家であり、生前のそれぞれと親交があった。

私個人は歌舞伎を頻繁に観るようになって、まだ日が浅いのだけれど、読みながら2010年歌舞伎座さよなら公演で観た「助六」のシーンが甦った。祝祭的な、これぞ歌舞伎というべき演目で、2人は通人里暁と福山かつぎを演じていた。ともに飄々と力が抜け、自由で、それでいて色気たっぷり。盟友同士とはいえ、なにもまだ50代と、早すぎる死まで足並みを揃えなくてよかったものをと、悔しい思いを新たにする。

勘三郎は確かな芸の継承はもとより、野田秀樹らの新作から、コクーンや海外での公演まで実現して、歌舞伎のファン層を広げた。けた外れの情熱とプロデュースの才で、時代を駆け抜けたといえるだろう。
対する三津五郎ももちろん人気者だけど、勘三郎に比べれば堅実。着々とメーンのポジションを固めつつ、華々しい親友の活躍を応援する役回りだ。しかしその三津五郎が平成中村座に出ない理由を問われて、「同じ座元だから」と答えるところが感慨深い。
現代に生きるスターであり、互いに認めあう関係。それでも、それぞれ背負う江戸以来の「家」を意識しているし、覚悟を胸に秘めている。そのうえでの古典。深いなあ。(2016・4)

April 18, 2016

若冲

真に自分のためだけであれば、なにもこうまで細やかな絵を描かずともよかろうと思うのは、拙僧の勘ぐりかのう

「若冲」澤田瞳子著(文芸春秋)

奇想の絵師・若冲の生涯を、新田次郎賞作家が大胆な解釈で描く連作集。生誕300年記念で、代表作を一堂に集めた展覧会に出掛ける前に、手に取った。

にわか若冲ファンの私にとって最大の興味はやはり、代表作「動植綵絵」30幅の成り立ちだ。ほぼ独学で絵師となった若冲が、どのようにしてあれほどに細密で、色鮮やかな、そして誰にも媚びない圧倒的な作品群を描きおおせたのか?
著者の工夫は、記録に残っていない妻がいた、という設定だろう。若妻の死に対する贖罪、さらには贋作者となった義弟との確執を創造して、絵師の情熱の源となった深い苦悩を描いてみせる。

若冲は京・錦市場にある青物問屋の大店に生まれながら、40歳で隠居してしまい、画業三昧に暮らした。なんとなく人付き合いの苦手な偏屈者なのかな、と思っていた。
ところが近年の研究で、意外な一面がわかってきた。市場閉鎖の危機にあたって、町年寄を率いて回避に尽力したこともあるというのだ。本作では、そうした研究成果を取り入れ、人間味ある人物像を構築。「動植綵絵」はもちろん、全く趣向の違う「鳥獣花木図屏風」や「石灯籠図屏風」などが生まれた背景に触れていて、イメージが膨らむ。

同時代に生きた池大雅や円山応挙、谷文晁らの豊かな個性や、天明の大火の惨状もリアル。フィクションだけど、エキサイティングな展覧会の予習となった。(2016・4)

April 08, 2016

多数決を疑う

多数決は単純で分かりやすく、私たちはそれに慣れきってしまっている。だがそのせいで人々の意見が適切に集約できないのなら本末転倒であろう。それは性能が悪いのだ。

「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」坂井豊貴著(岩波新書)

選挙で国民に信を問えば、その政策は「民意」を反映したとして、信任を得る。そんな大事な民意を見極めるとき、私たちはなんとなく、多数決が民主主義の基本だと思い込んできた。でも本当に、多数決こそが集団の意志を反映するのだろうか? 気鋭の経済学者の一般向け新書を電子書籍で。

例えば2000年の米大統領選挙。ジョージ・W・ブッシュが事前の世論調査結果を覆し、アル・ゴアを破った。フロリダのカウント疑惑などのゴタゴタが記憶に残るが、実はラルフ・ネーダーという第3の候補の登場でゴア票が割れ、ブッシュに勝利が転がり込んだという。就任の年に911が勃発、ブッシュ政権が「テロとの戦争」に突き進んだことを考えれば、どういう理屈で選挙制度を設計するかが歴史にもたらす意味は、とてつもなく大きい。

著者はこういう「多数の人々の意思をひとつに集約する仕組み」などの研究で活躍。200年以上前のルーツから説き起こして、古今東西のエピソードを駆使しつつ、思考の道筋を平易に解説している。
学者同士の確執を推測してみせるなど、語り口は軽妙だが、望ましい集約ルールを追求しようとする姿勢はタフで、厳格だ。票割れの問題や、少数派の尊重などの課題を一つひとつクリアにしていく。その道程が、近代市民社会の根っこを問う作業。政治学とも重なる領域であり、経済学の広がりも感じさせて面白い。(2016・4)

« March 2016 | Main | May 2016 »