« 記者はつらいよ | Main | 多数決を疑う »

March 06, 2016

東京自叙伝

ドウ足掻いたって万事なるようにしかならぬと、根本のところで諦めて、とりあえず今がよけりゃいいと開き直りつつ、絶えず時流に棹さすのが自分の流儀と云えば流儀であるらしい。マアこの流儀は、私に限らず、世の多くの人士が密かに信奉実践するところでしょうが、どちらにしたところで東京は、と申しますか、日本はいずれ天変地異とともに滅び去るわけだから、あまり深刻に考えても仕方ありません。

「東京自叙伝」奥泉光著(集英社)

2014年に評判だった、幻想歴史小説とでも呼びたい、めくるめく一冊を電子書籍で。通り魔事件の犯人が、自分の正体は東京の地縛霊であり、輪廻転生を繰り返してきたと主張。長い長い供述というかたちで、幕末から大震災に至る都市の自画像を、ハイスピードで語っていく。史実をまるっと虚構にしてしまう、壮大な力技だ。

なにしろこの霊ときたら、時代時代に生きた人物に次々憑依して、常に重要事件に一枚かんでいる。維新やら開戦やら戦後復興やらバブルやら。影の大物っぽくて、途中まではなんだか痛快でさえある。
しかしそこは奥泉さんだ。すいすい読める軽妙なタッチに騙されてはいけない。この重要人物は徹頭徹尾、無責任でシニカル。社会をどこかへ引っ張って行こうという意志は微塵もないようで、その独白からは希望も理想も感じられない。そして行き付く先は、なんともやりきれない現実なのだ。

確かに私たちの土地は繰り返し、天変地異や災厄を経験してきた。希望をもとうとする努力は、長い目で見れば無駄でしかないのかもしれない。だからといって、いま目の前にある出来事に流されるままでいいのか? 終盤、東京の地縛霊が大増殖して、星野智幸「俺俺」を思わせるシーンが登場。すぐに大事なことを忘れちゃう群集を思わせて寒々しい。

書き始めたのは2011年だという。2度目の五輪なんかに沸いている場合じゃない、これが東京の素顔だ――。行間に作家の強い怒りが溢れる。怪作。(2016・3)

« 記者はつらいよ | Main | 多数決を疑う »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京自叙伝:

« 記者はつらいよ | Main | 多数決を疑う »