« GDP | Main | 東京自叙伝 »

February 26, 2016

記者はつらいよ

だんだん分かってきた。楽な仕事などないのだ。

「記者はつらいよ」仙川環著(ハルキ文庫)

著者お得意の医療ミステリーではなく、明るいお仕事小説の中央新聞坂巻班シリーズ3作目。ワークライフ・バランスを求めて、あまりハードでなさそうな企画部署に異動したのに、ニュース取材をするはめになって苦労してきた「平均点記者」の上原千穂が、今度は一面連載班に組みこまれて奮闘する。

部際プロジェクトのはずが、メンバーは所属部の利益にこだわってはじめから非協力的だったり、心の病を家族にも隠していたりと、トラブル含み。乗り込んできた、お馴染み超横暴なキャップの坂巻が引っ掻き回すうえに、上司はどうにも頭が固くて、企画内容に理解を示さない。結局、ものごとは合理的な判断というより、相変わらずの社内の駆け引きで決まってしまう。

働いていれば、思い通りにならないことは多い。引くべき時は引かなければならない。それでも諦めずに粘っていれば、手ごたえを感じることもある。誰もが経験する、普通に働くということを描いて爽やかだ。(2016・2)

« GDP | Main | 東京自叙伝 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記者はつらいよ:

« GDP | Main | 東京自叙伝 »