« June 2015 | Main | August 2015 »

July 11, 2015

スクープを狙え!

 

半藤が他の人とどう違うのか、少し分かった気がした。半藤は、ひたすら前を向いている。上を見たり、横を向いたり、あるいは千穂のように、よそ見をしていない。
 半藤は、気が強いわけでもなければ、キラリと光る何かを秘めているかんじもしない。でも、彼女こそ、記者の中の記者ではないだろうか。

「スクープを狙え! 中央新聞坂巻班」仙川環著(ハルキ文庫)

なんともベタなタイトルだけど、その名の通り、新聞社を舞台にしたお仕事小説。「吠えろ!坂巻記者」の続編となる、文庫書下ろしだ。

とはいえ舞台はいかにも新聞社らしく、難事件を追う社会部とか、権力に迫る政治部とかではなく、傍流の生活情報部。派手なニュースなどハナから期待されていないのんびり部署が、何故かスクープを追うはめになって、入社5年目の女性記者、上原千穂が奮闘する。
前作に続いて能力、キャラともごくごく平凡な千穂が、ワークライフバランスとか人間関係とかに悩みながらも、少しずつ働き甲斐を見出していくさまが微笑ましい。部署同士のつまらない縄張り争いや、上司次第でがらりと変わってしまう人事評価など、どんな会社でも若手が直面するであろう組織の事情もリアルで、説得力がある。

記事の顛末はちょっと調子よすぎるかな、という部分もあるものの、テーマとしている介護ビジネスや教育現場の描写はしっかり。無駄に高圧的な他部の先輩とか、クセのある登場人物も続々登場していて、まだ続けられそうなシリーズでは。(2015・7)

July 10, 2015

物語 タイの歴史

実はタイの歴史を辿っていくと、「世渡り上手」なタイの姿が見えてくる。

「物語 タイの歴史」柿崎一郎著(中公新書)

タイを専門とする地域研究者が、タイ民族2000年の歴史を概観する。揚子江以南の地域から現在のインドシナ半島へと南下して、13世紀にスコータイ朝が成立。有能であれば外国人も登用するなどして発展をとげ、18世紀に興ったラッタナコーシン朝が現在まで続いている。

半島の中央に位置しているだけに、古くから周囲のベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーとのせめぎ合いを生き抜いてきた。19世紀から20世紀の帝国主義の時代には、西を制したイギリス、東から攻めるフランスの緩衝地帯となって、バランス外交を展開したという。著者が世渡り上手と呼ぶゆえんである。

2次大戦時の日本との距離のとり方も、結果としては絶妙なものだった。 そのかいもあって戦後は、東南アジアをリードする順調な経済発展を実現する。
もっともその一方で、クーデターを繰り返し、今も軍政下にあるという政治文化の背景は、ちょっと理解しづらい。もう少し勉強が必要だなあ。(2015・7)

« June 2015 | Main | August 2015 »