« 本にだって雄と雌があります | Main | 歌舞伎 家と血と藝 »

December 24, 2014

談春 古往今来

俺はほんとに偶然と奇跡の産物なんで。

「談春 古往今来」立川談春著(新潮社)

入門30周年、古典を語らせたら当代きっての実力派、チケットがとれない人気噺家が、2003年から10年の間に複数のメディアに掲載されたインタビュー、対談、エッセイ25編をまとめた。書き手泣かせの、屈折していて、なかなかに面倒なキャラが魅力的だ。

平成落語ブームに対する反発、2006年の7夜連続独演会への意気込みを語る導入部分は、気負い満々。2008年に著書がヒットした後あたりから、読む側の期待を時にはぐらかすような口調が多くなる。
落語に関する深い思索、強烈な自負と、それとは裏腹なネガティブ思考や不安。それは人気芸人ならではの、移り気な世間との距離のとり方なのか。

やがて2012年、偉大な師匠立川談志と、敬愛する18代目中村勘三郎を相次いで失って、相変わらず屈折しながらも、前に進んでいくしかない、という覚悟がのぞきはじめる。嘘をつく商売だから、発言はいつも虚実ないまぜ。でも実は、すべてが本音なのかも、と思わせる。これからも茶目っ気と凄みで、たっぷり楽しませてほしいものです!
鈴木心のモノクロ写真が端正だ。単独公演演目リスト付き。(2014・12)

« 本にだって雄と雌があります | Main | 歌舞伎 家と血と藝 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 談春 古往今来:

« 本にだって雄と雌があります | Main | 歌舞伎 家と血と藝 »