« July 2014 | Main | September 2014 »

August 30, 2014

文芸誌編集実記

文芸誌を編集するという仕事は概してつまらないものだ。そのことにまつわる雑用や気の使い方があまりにも多いからである。

「文芸編集実記」寺田博著(河出書房新社)

吉本ばななや小川洋子ら人気作家を世に出した文芸の名伯楽が、1960年代の文芸誌編集の現場を振り返る。
著者は中途入社した河出書房新社で1962年、「文藝」の復刊に参加。のち編集長を務めた。回顧録の滑り出しでは、30そこそこの気鋭のエディターとして接した松本清張とか小林秀雄とか、大物たちの素顔を描いている。体験的文学史とでもいえそうな、行間にあふれるドキドキ感が、まず楽しい。

加えてリアルタイムで世に出る雑誌というスタイルは、どうしたって時代と切り結んでいくことになる。ヴェトナム戦争特集、江藤淳・吉本隆明対談、三島由紀夫「英霊の聲」など、いわば社会的事件との関わりを描いたくだりには、リアルな熱気がある。
もちろん編集者はプロデューサーとしての役割も担っているから、活字の大きさ、判型の選択から、1967年の会社更生法申請前後の苦難に至るまで、経営的な決断のエピソードも数多い。出版ビジネスの記録としても貴重だ。

のちに時代小説評論で知られるだけあって、著者の簡潔な筆致は、実に心地よい。淡々とした雰囲気にひたりながら読んでいて、「書き手自身の言葉や資質にそむくような借りものの文章は、結局嘘をつくことになる」といった、さらっとした一文に、はっとさせられる。
個人的に勉強不足のせいで意外だったのは、作家としての若き日の石原慎太郎、それから新聞の文芸評論の存在感が、実に大きかったのだということ。これが文壇というものだったのかなあ。著者と吉本パパとの並々ならぬ付き合いも発見だった。
巻末に87年「文藝」復刊二十五周年記念号での坂本一亀氏との対談を収録。(2014・8)

August 23, 2014

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

長期的に見てもっとも深刻なダメージをもたらしたのは、生産性上昇率の低迷です。
 生産性上昇率が1・5%下がったら、30年間でどれだけの差が出るかを考えてみましょう。
 複利効果を考慮しないで単純に30倍するだけで、45%もの損失になります。

「スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編」ティモシー・テイラー著(かんき出版)

米有名大の講義で、高い評価を受けているという学者による、経済学入門書を電子書籍で。経済成長、国際収支などおなじみの概念を材料に、経済学の発想で社会を観る目を示す。
特にインフレ率と失業率といった、指標のトレードオフの解説はわかりやすい。長期的な経済成長、自由貿易、財政規律など、オーソドックスな政策目標の意味あいを確認できる。各章に設けた用語解説が丁寧だ。池上彰監訳、高橋璃子訳。(2014・8)

August 09, 2014

ドレスデン逍遥

波乱万丈の人生を歩む人がいるように、波乱万丈の過去を満載した建造物というものがある。たぶんこの聖母教会は、その優しいたたずまいの中にとりわけたくさんの物語を懐いている、世界でも稀な建造物の一つに違いない。

「ドレスデン逍遥」川口マーン恵美著(草思社)

夏のドイツ観光の予習として、ベルリンに続いてドレスデンの歴史ガイドを読んだ。「スローターハウス5」の印象が強い古都のドラマを、豊富な美しい写真とともに味わう。
やはり2次大戦時、美しい文化都市を徹底して破壊した爆撃の記録があまりに壮絶で、強い衝撃を受ける。しかしそれ以外の物語も、とても興味深い。
17世紀から18世紀にかけてザクセンを率いたアウグスト強王の、華麗過ぎる女性遍歴と、毅然として駆け引きしたコーゼル伯爵夫人の痛快さ。19世紀にヴェーバー、ヴァーグナーの作品を上演し、ドイツ文化の誇りを担ったゼンパーオペラ。
そんな都市の足跡を知れば、東ドイツ時代、長く廃墟のままだった聖母教会を巡る市民たちの複雑な思いも、少し理解できる気がしてくる。軋轢を乗り越え、平和の象徴、思想の自由の象徴として復元への気が遠くなるようなチャレンジが始まり、ドイツ統一後、ついに再建が果たされるシーンがなんとも感慨深い。(2014・8)

« July 2014 | Main | September 2014 »