« 歴史の見方が分かる世界史入門 | Main | ドレスデン逍遥 »

July 27, 2014

ベルリン物語

壁はポツダム広場を分断しただけでなく、ベルリンを分断し、ドイツを分断し、そして、世界を分断した。

「ベルリン物語」川口マーン恵美著(平凡社新書)

ドイツ観光のお供に、ベルリンの歴史ガイドを読む。シュトゥットガルト在住の著者が、ドイツ帝国から2度の大戦、統一までの都市の歩みを綴る。
往時をしのぶランドマークを手掛かりにしているので、バーチャル散策という感じで楽しい。1933年に火に包まれた帝国議事堂。運命の会談を観ていた、ポツダムの宮殿の庭に今も残る赤い星。
何を残し、何を残さないか。忘れないといわれる国民が、それで得ているものは何なのか。もちろん、ちょっと勉強したくらいではわからないけれど、興味は尽きない。(2014・7)

« 歴史の見方が分かる世界史入門 | Main | ドレスデン逍遥 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/60256331

Listed below are links to weblogs that reference ベルリン物語:

« 歴史の見方が分かる世界史入門 | Main | ドレスデン逍遥 »