« 遺体 | Main | 歴史の見方が分かる世界史入門 »

June 28, 2014

風の影

ぼくは本にかこまれて育ち、ほこりまみれでバラバラになったページのあいだに、見えない友だちをつくっていた。そのにおいは、いまでもこの手にしみついている。

「風の影(上・下)」カルロス・ルイス・サフォン著(集英社文庫)

1945年、少年ダニエルは古書店を営む父に、「忘れられた本の墓場」へ連れていかれる。埋もれゆく本が必ず流れ着く、秘密の古書の館だ。そこで出会った小説「風の影」に魅せられ、10年後、一枚の焼け焦げた写真を手掛かりに、作家フリアン・カラックスの過去を探る冒険に踏み出していく。

2001年にスペインで出版されたベストセラーを読んだ。子供のころ小説や漫画にどきどきすると、後日談やスピンアウトストーリーを勝手に想像して楽しんだ人は多いはず。上下巻約800ページの長編は、そんな本好きにはお馴染みの感覚を思わせる。
ダニエルをつけ狙う「顔のない男」ライン・クーベルトや、廃墟と化した館「靄の天使」という道具立ては、江戸川乱歩か「オペラ座の怪人」のようなゴシックホラーファンが、頭の中で膨らますイメージそのもの。何故か片っ端から燃やされて、この世から抹殺されかけている小説の最後の一冊とか、ヴィクトル・ユゴーの万年筆だとか、鍵になるアイテムが、わかりやすくロマンチックだ。
ハリー・ポッターシリーズをはじめとする、王道の少年成長談の香りもたっぷり。悪の権化フメロとの対決、宿命的な恋、お調子者だけど強靭な反骨精神をもつフェルミンとの友情、父親との微妙な距離感など、サービス精神満載です。

ありがちな冒険ミステリーと一線を画すのは、もうひとりの主役バルセロナという都市の存在だろう。ガウディと美食の街という現代のイメージとは違って、1936年から1939年の内戦が人々の心につけた深い傷、その後30年以上にもわたるフランコ独裁の閉塞感が、全編に色濃く影を落としている。こういう時代があったんだなあ。
影が濃いからこそ、活気ある芸術カフェ「クワトロガッツ」とか、丘を登っていく青い路面電車、靄のかかる波止場といった場面が生き生きと息づく。ハラハラの背景で、新興財閥の驕りと転落、信仰の限界といった大人っぽい要素が深みを与えている。木村裕美訳。(2014・6)

« 遺体 | Main | 歴史の見方が分かる世界史入門 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風の影:

« 遺体 | Main | 歴史の見方が分かる世界史入門 »