« May 2014 | Main | July 2014 »

June 28, 2014

風の影

ぼくは本にかこまれて育ち、ほこりまみれでバラバラになったページのあいだに、見えない友だちをつくっていた。そのにおいは、いまでもこの手にしみついている。

「風の影(上・下)」カルロス・ルイス・サフォン著(集英社文庫)

1945年、少年ダニエルは古書店を営む父に、「忘れられた本の墓場」へ連れていかれる。埋もれゆく本が必ず流れ着く、秘密の古書の館だ。そこで出会った小説「風の影」に魅せられ、10年後、一枚の焼け焦げた写真を手掛かりに、作家フリアン・カラックスの過去を探る冒険に踏み出していく。

2001年にスペインで出版されたベストセラーを読んだ。子供のころ小説や漫画にどきどきすると、後日談やスピンアウトストーリーを勝手に想像して楽しんだ人は多いはず。上下巻約800ページの長編は、そんな本好きにはお馴染みの感覚を思わせる。
ダニエルをつけ狙う「顔のない男」ライン・クーベルトや、廃墟と化した館「靄の天使」という道具立ては、江戸川乱歩か「オペラ座の怪人」のようなゴシックホラーファンが、頭の中で膨らますイメージそのもの。何故か片っ端から燃やされて、この世から抹殺されかけている小説の最後の一冊とか、ヴィクトル・ユゴーの万年筆だとか、鍵になるアイテムが、わかりやすくロマンチックだ。
ハリー・ポッターシリーズをはじめとする、王道の少年成長談の香りもたっぷり。悪の権化フメロとの対決、宿命的な恋、お調子者だけど強靭な反骨精神をもつフェルミンとの友情、父親との微妙な距離感など、サービス精神満載です。

ありがちな冒険ミステリーと一線を画すのは、もうひとりの主役バルセロナという都市の存在だろう。ガウディと美食の街という現代のイメージとは違って、1936年から1939年の内戦が人々の心につけた深い傷、その後30年以上にもわたるフランコ独裁の閉塞感が、全編に色濃く影を落としている。こういう時代があったんだなあ。
影が濃いからこそ、活気ある芸術カフェ「クワトロガッツ」とか、丘を登っていく青い路面電車、靄のかかる波止場といった場面が生き生きと息づく。ハラハラの背景で、新興財閥の驕りと転落、信仰の限界といった大人っぽい要素が深みを与えている。木村裕美訳。(2014・6)

June 13, 2014

遺体

 小泉は身元確認のメモに記された知った名前に気がつく度に、誰にも聞こえないほど小さな声でつぶやいた。
「君もか……」

「遺体 震災、津波の果てに」石井光太著(新潮社)

東日本大震災直後の釜石市の遺体安置所を描いて評判だったノンフィクションを、ようやく読むことができた。正直怖かったけれど、読んで良かった。
民生委員、市職員、住職、医師、歯科医、消防団員、自衛隊員や海上保安士…。さまざまな立場の人物へのインタビューを通して、むしろ淡々と、極限状態の日々を綴っていく。
涙は出ない。自らも被災し、親しい者の死に直面しながら、一人ひとりが眼前の事態に対処しようとしている。決して英雄でない市井の人々が、義務を果たす。圧倒的で容赦ない現実が胸に迫る。電子書籍で。(2014・6)

June 12, 2014

吠えろ!坂巻記者

「お前は異動してきてから、原稿を一本も出してない。そういうやつに、飯を食いに行く資格はない」
 いくらなんでも、あんまりだ。でも、堀も空気が読めなすぎる。キャップがミーティングを始めると言っているのに、一人でご飯に行くだなんて。

「吠えろ!坂巻記者」仙川環著(ハルキ文庫)

医療ミステリーで知られる著者のお仕事エンタテインメント。職場ものといっても、主人公の中央新聞ヒラ記者、上原千穂は威勢よく啖呵を切るハンザワやハナサキとはちょっと違う。寝食忘れてバリバリ活躍するよりも、ワークライフ・バランスを望んでいる。念願かなって激務の社会部から異動してきた、人間らしく働けるはずの生活情報部なのに、パワハラまがいのキャップ、坂巻武士の下に就くはめになる。

なにしろ部下への指示は行き当たりばったり、上司にも取材先にも、暴言を吐きまくって敬遠されている。さらに後輩記者の堀は、社会人らしい気遣いは全くなく、やりたい仕事を優先しちゃう。しなやかで格好良く見える女性上司も、実は心に屈託を抱えている。

そもそも坂巻が率いるグループを新設したこと自体、なにやら社内政治のにおいがする。なんだかなあ、とため息をつきながらも、千穂はあえて上司に逆らうタイプではない。気が進まないまま、坂巻から振られたテーマをこなすうちに、一つひとつ成果に結びつく道筋を見いだしていく。働く人が大事にしたいこととは何か。
決して大上段にふりかぶらないし、軽く読めるけど、地に足がついたコメディだ。文庫書下ろし。(2014・6)

« May 2014 | Main | July 2014 »