« 愛しいひとにさよならを言う | Main | 去年の冬、君と別れ »

March 05, 2014

上京する文學

どうせ、もともと他府県からの寄せ集まりでできた「東京」。誰に何を言われようがかまわない。いや、誰にも何とも言われる筋合いさえない。そう考えたとき、「東京」が急に自由だと感じられるだろう。林芙美子はそうして生きた。

「上京する文學」岡崎武志著(新日本出版社)

漱石から春樹まで、書評家兼古本ライターが「上京」という角度から綴るユニークな作家論を集めた。
明治期に東京に移り住むのは、今でいう海外留学ほどのインパクトだったのだろうか。たとえば石川啄木は短い生涯の間、何とかして文学で身を立てようと、繰り返し上京した。その歌には交通機関や著名なランドマークなど、「よそ者が発見した都市」の姿が数多く詠み込まれているという。著者はそんな詩人の心性に、なぜか九州出身者が目立った70年代のフォークシーンと重ね合わせて、家や故郷を捨てた若者の高揚と屈折を見いだしていく。
ほかにも松本清張には、東京人でないからこそ描けた首都の負の側面があるとか、村上春樹が上京して初めて一人暮らしをして、独特の気障な「一人っ子」節に磨きがかかったのではないかとか、興味が尽きない分析が満載だ。自筆のイラストがユーモラス。

« 愛しいひとにさよならを言う | Main | 去年の冬、君と別れ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上京する文學:

« 愛しいひとにさよならを言う | Main | 去年の冬、君と別れ »