« 謎の独立国家ソマリランド | Main | 愛しいひとにさよならを言う »

January 19, 2014

海外ミステリーマストリード100

本書は文章だけに許された表現を用いた、「小説の中の小説」と言うにふさわしい作品だとも言える。お読みいただいた方には必ずや賛同していただけることと思う。この物語を別の表現形式で描くことは不可能だからである。

「海外ミステリーマストリード100」杉江松恋著(日経文芸文庫)

「翻訳ミステリー大賞シンジケート」などで知られる書評家のミステリーガイド。だいたいブックガイドというやつは、手持ちの本が1冊増えて、さらに読みたい本が大量に増えてしまうという、本好きにとっては危険極まりないジャンルだ。実は本書についても、事前にその危険性について重々警告を受けてはいたけど、思わず買ってしまって案の定、泥沼にはまった感じがしている。あ~、私が読んでいない面白い本がこんなにたくさんあるのに、時間が足りないぞ!

350ページと手ごろな分量に、情報がぎっしり。第1部では2013年時点で新刊が手に入るものに絞って、1929年の「毒入りチョコレート事件」から2010年「二流小説家」まで、原書刊行順に100冊を紹介。1作わずか3ページなのに、あらすじ、おもしろポイント、シリーズ作品などの解説に加えて、類書を数冊ずつ挙げている。さらに第2部では、第1部で涙を飲んで割愛した古典やら、新刊が手に入りにくい名作やらをリコメンド。著者の膨大な読書量には、恐れ入るしかない。

本格から探偵もの、冒険もの、伝奇などなど、ジャンルの議論に深入りせず、ミステリーというものの幅広さ、懐の深さを示している。そんな本書の姿勢には深く共感。個人的に、面白いエンタテインメントには、たいがいミステリーの要素があると雑駁に捉えているから。ただただ、面白本が好きで、おススメしたいという熱さ、歯切れの良さが心地よい。新文庫シリーズ創刊の1冊。(2014・1)

« 謎の独立国家ソマリランド | Main | 愛しいひとにさよならを言う »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海外ミステリーマストリード100:

« 謎の独立国家ソマリランド | Main | 愛しいひとにさよならを言う »