« 感染源 | Main | 2013年まとめ »

December 08, 2013

祈りの幕が下りる時

 何かが靖代の頭に引っ掛かった。田島百合子が印象的な地名を口にしていたような気がする。やがて、その文字が浮かんできた。
「そうだ、日本橋……」

「祈りの幕が下りる時」東野圭吾著(講談社)

2013年ミステリーを代表する1作を、駆け込みで読んだ。感動必至の刑事加賀恭一郎シリーズ。10作目にしてついに、加賀はかつて自分をおいて失踪した母親の思いに迫ることになる。
いつもながら、ページを繰る手を止めさせない筆力はさすがだ。東野さんの名作「白夜行」を彷彿とさせる、哀しも壮絶な女の人生。380ページの長編だけど、大仰な表現は一切なく、丁寧な散文の積み重ねから、鮮やかにドラマが立ち上がる。

発端は小菅のアパートの一室で、40前後の女性が遺体で発見されたこと。さらに近くの新小岩の河川敷で、ひとりのホームレスが亡くなる。2つの事件の捜査線上に、ちょうど明治座で上演していた芝居の演出家、浅居博美が浮かぶ。博美は加賀の知り合いでもあった。博美の過去に、どんな秘密が潜んでいるのか、それは果たして加賀の過去とつながるのだろうか?

捜査のプロセスには、これまで博美とかかわった人物を中心に、数多くの証言者が登場する。多種多様な人生が交錯するので、筋運びはけっこう複雑だ。その過程で巧妙に読者をミスリードしておいて、大詰めで明かされる真相が衝撃となる。実に緻密なプロットです。
淡々とした筆致だけれど、道具立てには工夫が多い。たとえば謎解きのカギとして、加賀の本拠地・日本橋を中心とする橋めぐりのエピソードが出てくるのだけど、これがなんともいい江戸情緒だ。一方で、流浪の身である原発労働者の境遇に触れていて、鋭い社会性もはらむ。

登場人物のなかでとりわけ印象的なのは3人の女、博美、加賀の母、加賀の従兄・松宮脩平の母だろう。いずれも辛い思いを抱えながら、覚悟をきめて潔く生きる、名も無き女性だ。切ないなあ。
全体に重いトーンの物語のなかで、爽やかな存在感を放つ女性もいる。かつて加賀の父の看護にあたった金森登紀子だ。宿命の女性たちと、うまい対比になっている。加賀父子の真情をよく理解している役回りでもあり、これからのシリーズでも気になる人物になりそう。
肝心の加賀は、粘り強く真実を追い、鋭敏に人の心を感じとるという魅力的な造形が、一段とくっきりした印象だ。今作で日本橋周辺での活躍は一区切りとなる。松宮も着実に成長をみせた。この2人は阿部寛と溝端淳平のイメージがぴったりだなあ。映像化が楽しみかも。(2013・12)

« 感染源 | Main | 2013年まとめ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 祈りの幕が下りる時:

« 感染源 | Main | 2013年まとめ »