« わたしがいなかった街で | Main | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »

June 19, 2013

街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか

熊野・古座川筋のKさんの村では、かつて日本の村のほとんどがそうであったように、家々は戸締りはしなかった。泥棒など入らないからだが、もし仮に戸締りなどをすれば若衆に迷惑がかかるのである。

「街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか」司馬遼太郎著(朝日文庫)  ISBN 9784022644473

春、熊野に足を運んだのをきっかけに、あまりにも有名な紀行シリーズの1冊を手にとった。
著者が熊野を旅したのは1970年代の「翔ぶが如く」執筆中。西南戦争勃発のベースとなったのが鹿児島の私学校で、それに通じる土壌を南方の「若衆組」に見ていたからだという。昨今のいわゆる「巡礼プラス観光」としての熊野像とは視点が異なるが、土地に息づく社会と風土に関する思索は刺激的だ。
いつもながら筆致が明るくて、闊達さを愛する雰囲気も読んでいて心地良い。収穫を急がず、気まま、のんびりとウロウロしているようでいて、しっかり観察している。ほかに、それぞれ独特の文化を味わう「豊後・日田街道」「大和丹生川(西吉野)街道」「種子島みち」を収録。(2013・6)

« わたしがいなかった街で | Main | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか:

« わたしがいなかった街で | Main | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »