« 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 | Main | 百年法 »

June 26, 2013

旧訳聖書を知っていますか

嘆きの壁の風景は、異教徒には少々異様に映るが、なにしろここは四千年の歴史が生きている国なのである。

「旧訳聖書を知っていますか」阿刀田高著(新潮文庫) ISBN 9784101255194

奇跡の指導者モーセ、勇者サムソンと美女デリラ、偉大な王ダビデにソロモン。個人的な中東強化月間で、まずは聖書を易しく解説した作家のエッセーを読んだ。
著者は神話や詩の要素を紹介しつつ、全体にはイスラエル史の部分にかなり行数を割いている。有能な指導者ヨシュアとか、勉強不足なせいで、よく知らないエピソードがけっこうあって興味深い。民族の古代史が信仰の対象になって、脈々と受け継がれていることの重みを感じる。
この古典はバビロン捕囚を題材にしたオペラ「ナブッコ」とか、ミケランジェロからレンブラントに至る絵画とか、西洋文化鑑賞のベースでもあると、改めて思う。もちろんダイジェストを読んだくらいでは、そうそう身に付かないのだけれど。
同じ著者の「新約聖書を知っていますか」(新潮文庫)も併読。(2013・6)

« 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 | Main | 百年法 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧訳聖書を知っていますか:

« 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 | Main | 百年法 »