« 質草破り | Main | わたしがいなかった街で »

May 12, 2013

双頭のバビロン

 双頭のバビロン? 口にするな。せっかく押さえつけて箱に詰め、錠前をかけたのだ。

「双頭のバビロン」皆川博子著 東京創元社 ISBN 9784488024932

帝政末期のウイーン、ボヘミアから無声映画時代のハリウッド、さらに猥雑な上海へ。わけあって幼いうちに引き離された双子のゲオルク、ユリアンの兄弟と、2人の人生に寄り添うツヴェンゲルの流転の運命を綴る。

1930年生まれというベテラン作家の長編を初読み。章によって語り手の視点を変えつつ、2段組み、530ページ強をぐいぐい引っ張っていく。感動するという感覚とは違うのだけど、緻密な物語を2年以上にわたって紡ぎきる気力には、まずもって脱帽だ。
幻想小説であり、歴史小説でもあり、ところどころハードボイルドな場面もあって、多彩な味わいが贅沢。なかでもアメリカ映画界黎明期の、内幕もの風のくだりが興味をそそる。シュトロハイム(「サンセット大通り」の執事ですね)に想を得たというゲオルクの存在感がリアルだ。
そのうえ美少年、手品めいた超能力、古城といった、妄想アイテムも盛りだくさん。つくづくサービス精神が豊富な作家だなあ。このへんは好みが分かれると思うけど、好きな人にはたまらないでしょう。
全編で一本筋を通しているのが記憶の錯綜、混濁という謎。これがラストまで読み手を幻惑する。(2013・5)

« 質草破り | Main | わたしがいなかった街で »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 双頭のバビロン:

« 質草破り | Main | わたしがいなかった街で »