« 双頭のバビロン | Main | 街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか »

May 24, 2013

わたしがいなかった街で

 日々の中にあることが、ばらばらに外れてきた。
 長い間そうだったが、このところ特にまとまらない感じがする。

「わたしがいなかった街で」柴崎友香著(新潮社) ISBN 9784103018322

2010年、「わたし」は36歳。離婚したばかりで、契約社員として働きながら、東京にひとり暮らししている。どちらかというと不器用で、人付き合いが苦手。戦時中の作家の日記を読んだり、テレビのドキュメント番組を観たりして、時間や距離を隔てた戦争のことを思い浮かべてばかりいる。
無彩色の日常から地続きのところに、かつて圧倒的な暴力や苦しみがあった。そんな不思議さをずうっと抱えている、わたし。とても読みやすいのだけれど、特別な人物は登場しないし、事件も起こらないちょっと掴みどころのない文章から、居心地の悪さがしみ出す。

誰かと関わっても、ずっと会わずにいたら死んでしまった人と同じなのか。いや、私がいつか会えるかもしれないと思い続けるなら、その誰かは死んでしまった人とは違う、というフレーズが印象的だ。自他の存在とか、「つながる」というフレーズの、なんと不確かなことか。それでも決してシニカルにはなっていない。読み進むうち、現代を生きるささやかな普通人の感覚が胸に広がっていく。

わたしのモノローグの間にあまり脈絡なく、行方不明の知人の、大阪に住む妹という女性の日常が紛れ込む。終盤になって、その妹が偶然目にする光景の鮮やかさに、不意をつかれた。なかなか一筋縄でいかない作家さんです。短編「ここで、ここで」を同時収録。電子版で。(2013・5)

« 双頭のバビロン | Main | 街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わたしがいなかった街で:

« 双頭のバビロン | Main | 街道をゆく8 熊野・古座街道、種子島みちほか »