« 湿地 | Main | 2012年まとめ »

December 23, 2012

64

たまたまが一生になることもあるーー。

「64」横山秀夫著(文藝春秋) ISBN: 9784163818405

昭和最後の年に起きた、D県警史上最悪の未解決誘拐事件、通称「64(ロクヨン)」。その重荷と経緯が、組織を揺るがす。辛い立場に追い込まれた広報官、三上義信がとった行動とは。

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」のヒットメーカーが、心身の不調を経て実に7年ぶりで復活を果たした話題作。しかも著者らしく、組織と個人の葛藤や普通の仕事人の誇りとかを、じっくり書き込んでいる。冒頭に「書きおろし1451枚」と表記。最近はすっかり電子書籍づいていた私だけれど、本作ばっかりは紙で、650ページ近い厚さをずっしり味わいながら読んだ。

正直、滑り出しは読んでいてどうにも息苦しい気がした。三上は刑事として、成果を出してきたことに自負を持つ。意に染まない広報の仕事に転じて、警察とメディア、警察内の刑事部と警務部という軋轢に否応なく巻き込まれ、煩悶する。仕事そのものもさることながら、やりがいの無さと自意識とのギャップからくる、砂を噛むような思い。どんな組織に身を置く者にも、多かれ少なかれ覚えがある状況だから、それを繰り返されるのは勘弁だなあ、と感じないでもなかった。

しかし、さすが横山秀夫。苦しんでいるばかりではない。隠蔽された驚愕の事実の発掘、そして新たなる事件の発生と、どんどんサスペンスが高まり、緊張とスピード感が加速していく。三上も果敢に行動する。さらには部下や同期のライバル、家族ら、三上を取り巻く一人ひとりの思いがそれぞれに切実で、胸に染みいる。
必ずしもすべての問題がすっきり解決するわけではないけれど、そこがまた現実的で、大人の読み物といえるだろう。人には、腹をくくらなければならないときがあるのだ。(2012・12)

« 湿地 | Main | 2012年まとめ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 64:

« 湿地 | Main | 2012年まとめ »