« ローマ人に学ぶ | Main | ウェブはグループで進化する »

October 20, 2012

贖罪の奏鳴曲

死んだ人間の分まで懸命に生きろ。決して楽な道を選ぶな。

「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」中山七里著(講談社) ISBN: 9784062173773

弁護士・御子柴礼司は雨の夜、ある犯罪に手を染めた。その真意とは。「このミス」大賞作家の一冊を電子書籍で。

2つの事件が絡み合いつつストーリーが進む。1つは小さな製材所の経営者の死。妻の美津子に保険金殺人の疑いがかけられて公判中だ。もう1つの事件はある雨の夜に起きたフリーライターの死。被害者はあえて美津子の弁護を引き受けた辣腕弁護士・御子柴と接点があった。一癖ある御子柴の身辺を洗い始めた埼玉県警の刑事、渡瀬と古手川は、彼の隠された過去を知る。

果たして見かけ通りの冷血漢なのか、それとも…。寡黙な御子柴の複雑な人物像が、読む者をぐっと引き込む。彼の過去を丹念にたどっていく部分は、リアリティはともかくとして、こってりした人間ドラマの色彩だ。その分、謎解きはちょっとあっけない感じがしちゃうし、決して後味がいいとも言えないものの、なかなか読み応えがあった。(2012・9)

« ローマ人に学ぶ | Main | ウェブはグループで進化する »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 贖罪の奏鳴曲:

« ローマ人に学ぶ | Main | ウェブはグループで進化する »