« 誤飲 | Main | 人体工場 »

July 11, 2012

卵をめぐる祖父の戦争

風がさきほどより騒がしくなっていた。音をたてて、廃墟と化した共同住宅の壊れた窓を吹き抜けていた。神がドイツ軍と共謀して、わしらの市(まち)を吹き倒そうとしているかのようだった。

「卵をめぐる祖父の戦争」デイヴィッド・ベニオフ著(ハヤカワ文庫) ISBN: 9784150412487

2010年に各種ベストテンを騒がせた傑作を、文庫で。いやあ、面白かったです!

作家のディヴィッドが、ロシア移民1世の祖父の人生を記録しようとインタビューすると、話の大半は1942年の1週間に関するものだった。60万人以上の市民が犠牲になったと言われるレニングラード(サンクトペテルブルク)包囲戦のさなか。17歳のレフは秘密警察の大佐に卵1ダースを調達してこい、と命じられ、20歳の脱走兵コーリャと共に決死行に赴く。

著者は映画脚本で知られるだけあって、サービス精神満載、ハリウッド的展開が盛り沢山だ。レフとコーリャの奇妙な友情、ドイツ親衛隊少佐との息詰まる対決、気っ風のいいパルチザンの娘ヴィカとの淡い恋。喝采と涙がいっぱい詰まっている。
そして何より素晴らしいのはこうしたエンタテインメント性と、極限状態での人間の尊厳という重いテーマとが両立していることだ。多くの市民が長い飢餓に苦しんでいるときに、卵1ダースを手に入れようとする支配層、あるいは戦争というものの救いようのない馬鹿馬鹿しさ。だから決して国家を支えたいわけではないけれど、それでも諦めずに生き抜く、わが町「ピーテル」を守り抜いてみせるという、ぶれようのない軸が胸に響く。
生命の危機に瀕してさえ、お下劣なジョークを言わずにいられないコーリャや、薄汚い外見に高い教養を秘めたヴィカら、登場人物の造形がとても愛おしい。田口俊樹訳。(2012・7)

« 誤飲 | Main | 人体工場 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 卵をめぐる祖父の戦争:

« 誤飲 | Main | 人体工場 »