« 「深読みシェイクスピア」 | Main | 誤飲 »

June 19, 2012

「だから演劇は面白い!」

仕事とは、与えられた状況のなかで、その人自身が何を仕事ととらえ、仕事として呼び込むか、だと思うのです。これはお金のことだから会計担当の○○さんの仕事、これはPRのことだから広報担当の××さんの仕事、と勝手に線引きせず、いかにそのはざまからも仕事を探し出して、自分から手を出し、拾い出し、仕事にさせるか。

「だから演劇は面白い!」北村明子著(小学館101新書) ISBN: 9784098250509

敏腕演劇プロデューサーが、舞台制作と俳優マネジメントにまつわる信条、仕事術を語り下ろす。

著者は女優をへて1985年から野田秀樹率いる夢の遊眠社の営業担当、「NODA・MAP」のプロデューサーを歴任したヒットメイカーだ。シス・カンパニー社長として舞台制作のほか、堤真一、段田安則ら実力派俳優を抱えてもいる。興行は水もの、どんぶり勘定が通り相場の演劇界で、いかに黒字を維持しているか。180ページ弱の薄い新書だが、自信たっぷりの語り口が心地良い。

自意識が強い作家や役者とわたり合い、チラシひとつまで工夫をこらして確実にチケットをさばき、稽古から打ち上げまで立ち会って心配りを欠かさない。いかにも大変な仕事だけれど、トラブルこそやる気の源、と言い切るエネルギーが頼もしい。要は好きな舞台を実現し続けるには、収支を合わせなければいけない、という信念なのだろう。
女性スタッフが多いので、社名のシスはシスターからとったと思われがちだが、実はIT用語のSIS、つまり戦略情報システムからとったという逸話が意外。情報の大切さを、あえて無機的に表現したのだそうだ。(2012・6)

« 「深読みシェイクスピア」 | Main | 誤飲 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「だから演劇は面白い!」:

« 「深読みシェイクスピア」 | Main | 誤飲 »