« 「だから演劇は面白い!」 | Main | 卵をめぐる祖父の戦争 »

June 20, 2012

誤飲

小瓶1つ分に過ぎないのに、手に持ったバッグが、とても軽く感じられた。

「誤飲」仙川環著(小学館文庫) ISBN: 9784094086829

インフルエンザや花粉症など、身近な薬を題材にした連作短篇集。著者お得意の科学知識をからめた医療ミステリーというより、市井の人間模様に重点が置かれていて、また味わいがある。8人の男女を主人公とする8編で、章ごとに登場人物が少しずつ重なっており、緻密な構成だ。

夫婦の軋轢、結婚願望、フリーターからの脱却…。主人公たちは何とか現状を打開しようとしているのだけれど、小さな裏切りによって結局は思惑が外れてしまう、という展開が目立つ。後味は薬のようにほろ苦い。だからこそ、すべり込ませてある前向きのエピソードが、淡い希望を感じさせて効果的だ。ある登場人物がつぶやく、「人生、できることをやっていくしかない」という言葉。なかなか洒落てるなあ。文庫判小説誌の連載に書き下ろしを加えた。電子書籍で読了。(2012・6)

« 「だから演劇は面白い!」 | Main | 卵をめぐる祖父の戦争 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誤飲:

« 「だから演劇は面白い!」 | Main | 卵をめぐる祖父の戦争 »