« February 2012 | Main | April 2012 »

March 04, 2012

FBI美術捜査官

美術品および骨董品の盗難は、越境犯罪としては麻薬、資金洗浄、不法武器輸出についで四番目にランクされる。

「FBI美術捜査官」ロバート・K.ウィットマン、ジョン・シフマン著(柏書房) ISBN: 9784760139965

FBIで美術犯罪チームを創設するという特殊なキャリアをもち、現在は警備会社を経営する著者が、地元フィラデルフィア・インクワイアラーの記者と組んだ回顧録。

国境をまたぐ犯罪組織とわたりあい、フェルメールやレンブラントの名画を追跡する。「ルパン3世」かと思うようなハラハラどきどきの実話が本書の白眉だろう。同時にそこへ至るまでの、地道な努力も生き生きと綴られていて、これがまたたいそう興味深く、美術好きでなくても十分楽しめる。

ウィットマンの手法は潜入捜査。中古市場などで得た情報から怪しいとにらんだ人物に近づき、盗品売買の話をもちかけたりして信用させ、時間をかけてじりじりと決定的な逮捕シーンへと追い込んでいく。相手との緊迫した駆け引きは、腕っこきの営業マンに通じるところがあるという視点が面白い。
またキャリアの中盤では、不幸な交通事故の責任を問われて辛い時期を過ごしたことを告白。屈託を抱えつつ、非主流の分野に活路を見いだして一躍マスコミの注目を浴び、FBIの規則からは少々逸脱した仕事ぶりに走って、面子を重んじる周囲と軋轢を起こしてしまう。FBIに限らずどんな組織でもありえそうな話で、これはこれでなるほどと思わせる。

意外に粗雑な美術館泥棒のやり口とか、日本の感覚からするとさして古くないような南北戦争ゆかりの品への米国人の強い思い入れ、といったエピソードも新鮮。土屋晃・匝瑳玲子訳。(2012・2)

津波と原発

「そのとき彼らは、『国はデータを隠している。もうここにはいない方がいいですよ』と、言った」

「津波と原発」佐野眞一著(講談社) ISBN: 9784062170383

三陸海岸に大震災発生から1週間で、また双葉町には原発事故から1カ月半で足を運んだ作家のノンフィクション。2011年6月発行の1冊を読んだ。

現場を歩き、辛いインタビューを続ける姿勢、また終盤、戦後社会に向ける独特の視線は「巨怪伝」「カリスマ」の作家ならではだろう。
そのとき何が起きていたのか、ここに至るまでに何が必要だったはずで、そしてまた、これからいったい何が必要なのか。投げかけられる問いは今も現在進行形で、生々しい。前に進むには、わかりやすい結論に飛びつかず、一つひとつ手間をかけて向き合っていくしかないのでは、と思わせる。『「フクシマ」論』の開沼博との対話も。(2012・2)

« February 2012 | Main | April 2012 »