« 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 | Main | 「11(eleven)」 »

January 22, 2012

「フクシマ」論

原子力とは戦後社会、あるいは近代社会が抱擁しつつ「無意識」へと追いやってきたものだと捉えるのならば、3・11はその狂気の表出に他ならない。

『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』開沼博著(青土社) ISBN: 9784791766109

1984年いわき市生まれの社会学者が2011年1月14日、東大大学院に修士論文として提出した論考に、3・11後執筆の短い補章を加えた。フィールドワークや雑誌のアーカイブ探索などを通じて、原子力発電所が立地する「原子力ムラ」の形成過程をたどる。

原発がなぜ産業の乏しい地方に置かれるのか。中央政界や財界のエゴと、地方経済の依存体質との結託、と整理してしまえば、ロジックはわかりやすいだろう。しかし著者は、そう簡単にものごとを整理しない。塩田や炭坑、ダム、アジア植民地の歴史まで次々に視野にいれ、約360ページを費やしてゆっくりと、成長と支配の構図を語っていく。
何より痛切なのは、こうした開発をめぐる閉鎖性、硬直性の指摘だ。いわゆる権力者に限らず、一介の企業人や市民運動家もこうした閉鎖性の一部を担っている。何か大きな問題が起きて、いったん閉鎖性が揺らいでも、時間がたてば世間の忘却、無関心が状況を後戻りさせてしまう。

果たしてこれからどうしたらいいのか、簡単には解決策は見つからない。とはいえ間違いないのは、こうした解きほぐしがたい歴史と文化を肝に銘じておかなければ、どんな提案もリアリティーを持たないということ。そして再び忘却の罠にはまってはならない、ということだろう。(2012・1)

« 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 | Main | 「11(eleven)」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「フクシマ」論:

« 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 | Main | 「11(eleven)」 »