« 「談志楽屋噺」 | Main | 2011年ベスト »

January 03, 2012

二流小説家

彼らは大人になっても子供のように、真剣に、夢中で、本を読む。あるいはティーンエイジャーのように、何かに取り憑かれたように、果敢に本を貪り読む。彼らは、読まずにいられないから本を読むのだ。

「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン著(ハヤカワ・ポケット・ミステリ) ISBN: 9784150018450

様々なペンネームと偽のプロフィール写真を使いわけてエンタメ小説を書いてきたものの、いまだ無名のハリー・ブロック。ある日突然、話題沸騰必至の告白本を書かないか、という夢のような話を持ちかけられる。依頼主は、悪名高い連続猟奇殺人犯だった。

ポケット版らしい軽いタッチで、どんどん読める。恐ろしい事件に巻き込まれていくハリー・ブロックの冴えない中年男ぶり、そのぼやき節が微笑ましい。物書きとしてSF、探偵もの、ヴァンパイアもの、そしてポルノと求められるまま量産してきたけれど、いまだヒットには縁がなく、文学賞はおろか批評の対象になったりすることもない。恋人に去られ、副業で始めた家庭教師先の、ませた女子高生クレアにもすっかり舐められている。

しかし単なるユーモア仕立てのミステリと思ったら、大間違いだ。実は設定がなかなか凝っていて、1冊まるごと、主人公ハリーが経験をもとに初めて実名で執筆したミステリーという形式をとっている。この仕掛けが、年末の各種のベスト本に選ばれたゆえんか。
なにしろハリーはエンタメを知り尽くす書き手なのだ。2転3転の筋運びからサスペンス、バイオレンス、淡い恋まで、決して高尚ではないけれど、「どうです読者の皆さん、こういうの好きでしょ?」と問いかけるような悪戯心が行間に見え隠れする。

ハリーの作品群、作中で「ジャンル小説」とくくられるような小説についての考察も散りばめられている。こういう本を好んで読む人たちは、次から次へと読まずにはいられない、いわば中毒なのだ。たとえストーリーや登場するキャラクターがパターン化していても、深い心理描写や人生における示唆が一切なくても、そんなことは気にしない。誰しもちょっとは身に覚えがありそうな活字中毒の心理、オタクの心理にいちいちニヤリとさせられる。
そして世に需要がある限り、供給はある。出版ビジネスの内幕と、物語の楽しみというものへの屈折した愛情。これがデビュー作というけれど、なかなかどうして一筋縄でいかない作家かもしれない。女子高生クレアの造形がチャーミング。青木千鶴訳。(2012・1)

« 「談志楽屋噺」 | Main | 2011年ベスト »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/53632493

Listed below are links to weblogs that reference 二流小説家:

« 「談志楽屋噺」 | Main | 2011年ベスト »