« 河北新報のいちばん長い日 | Main | 原発危機の経済学 »

December 12, 2011

短篇集

 賢い箱があった。
 名文を作る文箱という。書いた文を入れ寝かせておくと、文意そのままに熟成し、作為のあとを消すのだという。

「短篇集」柴田元幸編(ヴィレッジブックス) ISBN: 9784863322400

文芸誌「モンキービジネス」が3年半の歴史にピリオドを打つと知り、思い立って責任編集の柴田元幸さんのトークを聴きに行った。欧米文芸誌の洒落たデザインをスライドで見せたり、マーク・トウェインのハチャメチャなエッセイを朗読したりと、楽しいひとときでした。で、モンキービジネス初出作、もしくは同誌ゆかりの作家の書き下ろしを集めたアンソロジーを読んでみた。

登場するのは石川美南、戌井昭人、円城塔、小川洋子、Comes in a Box、クラフト・エヴィング商會、栗田有起、小池昌代、柴崎友香。短篇小説あり、写真と文の組み合わせあり、短歌ありと変化に富む。あとがきで編者は楽しそうに、この仕事はあたかも野球ファンがオールスターチームの監督を頼まれたようだ、と綴っている。

個人的に面白かったのは、小池昌代の「箱」。文章を書き付けて入れておくと、名文に変えてしまうという不思議な文箱の遍歴だ。意表をつく着想の妙とともに、箱の存在を通じてことばの魔力とか、凡人たちの愚かな欲望とかを描いている。ダークな雰囲気がいい。
戌井昭人の「植木鉢」や柴崎友香の「海沿いの道」では、普通の人が突如とんでもない行動をとってびっくりさせられる。あれよあれよのスピード感は、短篇ならではの楽しみだろう。ラスト、小川洋子の「『物理の館物語』」でしみじみ。定年を迎えた書籍編集者が長いキャリアを振り返って、幼い日に作った1冊の「本」の思い出にたどり着く。人の心のうちで微かな光を放つ、物語というもののかけがえのなさ。(2011・12)

« 河北新報のいちばん長い日 | Main | 原発危機の経済学 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 短篇集:

« 河北新報のいちばん長い日 | Main | 原発危機の経済学 »