« おまえさん | Main | 短篇集 »

November 27, 2011

河北新報のいちばん長い日

とにかく今は家族をいたわり、店舗再建にむけて英気を養って下さい、と部員が言おうとした瞬間、阿部の口から思いもよらない言葉が発せられた。
「店はやられたが、配達はできる。今、新聞を取りにそっちに向かっているから、とりあえず五百部、用意してくれ」

「河北新報のいちばん長い日」河北新報社(文藝春秋) ISBN: 9784163744704

宮城県を中心に東北6県をカバーするブロック紙の社員、関係者が、未曾有の大震災に直面したとき、どう行動したか。取材の現場から編集、印刷、輸送、配達、そして食事やガソリン調達のロジスティックまで。多様な役割を持つひとりひとりが何をし、何を感じたか、わずか270ページにぎっしりと凝縮した壮絶なドキュメント。

あまりにも苛酷な大災害の実態と、1日も発行を途絶えさせることなく、立ち向かっていく人々の姿に、読んでいて何度も涙がこみあげる。しかしもちろん、泣いている場合ではない、重く、貴い内容だ。本書のもとになった社員へのアンケートは、被災1カ月後から始めたのだという。おかれた状況を思えば、ありのままを迅速に記録しておかなければならない、という使命感の強靱さに驚く。

関係者の体験や思いは、とうてい1冊の本では語り尽くせないものだろう。決して美談ではない。報道という仕事がはらむ限界とか罪深さはもとより、業務遂行の過程で起きてしまう社内の軋轢、当事者同士の気持ちのすれ違いや自己嫌悪などにも、率直に言及している。
「われわれはみな被災者だ。お互い至らない点もあるだろうが、今は誰かを責めるようなことは絶対にするな」。3月12日の深夜という、想像を絶する厳しいタイミングで、報道部次長が口にする言葉が強い印象を残す。これは読む者にたくさんの課題を突きつける、働く人々、働き続ける人々の記録だ。必読。(2011・11)

« おまえさん | Main | 短篇集 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 河北新報のいちばん長い日:

« おまえさん | Main | 短篇集 »