« ジェノサイド | Main | 世界史を変えた異常気象 »

October 28, 2011

猟銃・闘牛

みんな人間は一匹ずつ蛇を持っている

「猟銃・闘牛」井上靖著(新潮文庫) ISBN: 9784101063010

芥川賞受賞作「闘牛」を含む初期の短編3作。

3作合わせて230ページ余りの薄い文庫本。そこに言葉がぎっしり詰まっていて、堪能した。お目当ては、秀逸だった中谷美紀さん初舞台の原作「猟銃」。女性3人がひとりの男性に宛てた手紙3通で構成する、「書簡体小説」だ。愛人の娘、妻、そして愛人。それぞれの告白によって、13年にわたる愛と裏切りが明らかになっていく。
舞台は中谷さんがほぼ原作に沿って、手紙の文面を語るスタイルだった。だから小説だけど、戯曲を読む気分。昭和初期あたりの古風な言い回しは、耳で聞くより字で読む方がわかりやすい。女らしい上品な言葉遣いに、暗い情念が滲んでぞくぞくする。

対して、「闘牛」はクールで格好良い。舞台は戦後まもない大阪の新興新聞社。社運をかけて闘牛イベントを仕掛ける社会部出身の男が、無謀なイベントと知りつつ突き進んでしまう。展開が速くてスリリングだ。「猟銃」で手紙を受け取る側の男性も、この「闘牛」の主人公も、とても孤独で、深い諦念を漂わせているところは共通している。モデルになっている人物は戦後の伝説のプロモーター、小谷正一だそうです。

特に面白く読んだのは、最後の「比良のシャクナゲ」。老研究者がふとした諍いから家を飛び出し、琵琶湖畔の旅館でひとり人生を振り返る。思い通りにならない研究生活や、自分を尊敬しない子供たちへの憤懣。意固地ぶりがユーモラスで、ちょっとカズオ・イシグロみたい。
けれど前2編と比べても、主人公の孤独はより苛酷だろう。永遠に失ってしまったものの重さを、本人がいちばんわかっている。湖畔の夕暮れ、そして人生の夕暮れに聞く、遠い鈴の音の哀しさ。

3編を通して思うのは、人の心は外側に見えていること、言っていることだけではわからない、ということ。巻末の解説が昭和25年のもので、著者の「大衆文学的要素」を評価しているのが、なんだか新鮮だ。(2011・10)

« ジェノサイド | Main | 世界史を変えた異常気象 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 猟銃・闘牛:

« ジェノサイド | Main | 世界史を変えた異常気象 »