« 池上彰の宗教がわかれば世界が見える | Main | 犯罪 »

September 24, 2011

浮世の画家

あの日、三宅二郎はほんとうにそういうことばを使ったのであろうか。わたしは彼のことばと、素一なら言い出しそうなことばとを混同しているのかもしれない。

「浮世の画家」カズオ・イシグロ著(ハヤカワepi文庫) ISBN: 9784151200397

終戦による価値観の激変に直面した老画家・小野の戸惑い。

カズオ・イシグロ、1986年の出世作を読んだ。かつては尊敬され、権威であったという矜持と、現在の深い挫折感の狭間で揺れる心理。ブッカー賞を受けた1989年の「日の名残り」に通じるテーマだ。
形式もお馴染み、全編が一人称の語りです。事実を記しているようでいて、小野にとって都合よくねじ曲がっていたり、肝心なところが隠されたりする印象が色濃い。この何とも言えない、もどかしさ。抑制された筆致の老成ぶり。長編2作目にして、イシグロ節炸裂だ。

4部構成で、導入部分の「一九四八年十月」が全体の半分程度を占める。この段階では、昔なじみの繁華街の変化などに重ねながら、自分の評価が以前とはすっかり逆転してしまったことに対する、小野の嘆きが語られる。娘の嫁ぎ先やかつての同僚、弟子ら狭い人間関係の中で、自分の過去を正当化する、いわば独善的な言い訳が繰り返され、読んでいて少し痛々しい。

しかし「一九四九年四月」「一九四九年十一月」と進むうち、実はそんなに言い訳するほどの過去ではないのかも、という疑惑がもたげてくる。そうならば小野が吐露する呵責もまた、自分の心理が作り出しているに過ぎないのかもしれない。「一九五〇年六月」に至ってほの明るい諦念が漂うのだけれど、このあたりの謎についてはモヤモヤが残される。

舞台が日本なのに、どこか不自然な感じがするのもモヤモヤの一因か。飛田茂雄訳。

« 池上彰の宗教がわかれば世界が見える | Main | 犯罪 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浮世の画家:

« 池上彰の宗教がわかれば世界が見える | Main | 犯罪 »