« コンスタンティノープルの陥落 | Main | 池上彰の宗教がわかれば世界が見える »

September 04, 2011

潜伏

同一犯というならば、犯人は若年性痴呆症の患者をターゲットにしているということになる。

「潜伏」仙川環著(小学館文庫) ISBN: 9784094085112

若年性痴呆症の患者に、相次いで毒物入り飲料が届く事件が発生。長山歩美は同病を患っていた叔母も狙われていた、と疑念を抱き、主治医だった大学病院の佐野将彦と真相を追い始める。

「感染」の著者による医療ミステリーシリーズの第5弾。
謎解きや、犯人に迫るスリルに、歩美の心の変化をからめている。30歳を過ぎ、もう若くはない。特別な技能とか華やかな職業、頼れる恋人とかは持っていない。しかし、疑念を放っておけない正義感や行動力には、爽やかさが漂う。そんな彼女の自信、矜持というものを、いったい何が支えるのか。

将彦との関係も丹念に描いている分、ミステリとしてのスピード感は今ひとつか。医療に関する問題意識は間違いなく著者の強みなのだけれど、ひょっとすると徐々に関心が薄れているのかも。(2011・8)

« コンスタンティノープルの陥落 | Main | 池上彰の宗教がわかれば世界が見える »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 潜伏:

« コンスタンティノープルの陥落 | Main | 池上彰の宗教がわかれば世界が見える »