« 写楽 閉じた国の幻 | Main | コンスタンティノープルの陥落 »

August 12, 2011

「RURIKO」

私の見る目に間違いはありません。信子ちゃんは近い将来、とてつもない美女になるはずです。そうしたらぜひ女優にしてください。

「RURIKO」林真理子著(角川文庫) ISBN: 9784041579435

わずか4歳のとき、満州の地であの甘粕正彦に「将来、女優になるべきだ」と言わしめた女性。天性のスター、浅丘ルリ子の評伝。

知人に勧められて一気に読んだ。フィクションという断りはあるけれど、登場人物はほとんど実名、しかもとびきり華やかで、読んでいて楽しい。
ストーリーの大半を占めるルリ子さんの恋愛遍歴を、石原裕次郎、美空ひばりという、文字通り昭和を代表するスターが彩る。1960年前後の日活アクション映画が、どれほど熱気にあふれていたか。当時の日本人は彼らの格好良さ、きらめく才能に拍手喝采した。

ルリ子さんは日本人離れした美貌をもち、スクリーンで独特の存在感を発揮、やがてテレビや舞台にも進出する。けれど、財産にも男にも執着しないし、とくだん教養を身につけようとしない、そのことを隠しもしない女性として描かれている。
ライフスタイルに付加価値をつけて、自分を大きく見せようという気がないようだ。ただ前を向いて生きるからこそ幸福だという、このへんの潔さが気持ちいい。終盤に至って彼女の人生観が、冒頭の満州の夢と響きあう構成も印象的だ。素材と書き手との、幸福な組み合わせ。(2011・8)

« 写楽 閉じた国の幻 | Main | コンスタンティノープルの陥落 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「RURIKO」:

« 写楽 閉じた国の幻 | Main | コンスタンティノープルの陥落 »