« 夜想曲集 | Main | 「RURIKO」 »

July 30, 2011

写楽 閉じた国の幻

そうやって楽ばっかりしてるとよ、世の中ちっとも変わりゃしねぇんだ、それがおいらたちよ。今の錦絵はよ、ありゃ絵じゃねぇや、図案よ。

「写楽 閉じた国の幻」島田荘司著(新潮社) ISBN: 9784103252313

悲運に見舞われた浮世絵研究家の佐藤が、生きるよすがのように必死で挑む写楽の謎。手にした1枚の肉筆画から、世紀の推理が展開される。

670ページもの大部に恐れをなしたけど、案外すいすい読んだ。寛政6年(1974年)に華々しくデビューし、ほぼ10カ月で約145点の作品を出版した後、忽然と姿を消した幻の絵師・東洲斎写楽。本名も素性も、いっさい記録が残っていない絵師の正体を解き明かしていく。この大胆さが痛快だ。

推理の出発点は、「そもそも」の疑問に虚心坦懐向き合う姿勢。なぜ、同時代人の誰ひとりとして、実は写楽とは自分だったと、あるいはどこの誰かだと、確かなことを言い残していないのか。さらには、デビュー時にいきなり当時の常識を覆す破天荒な画風を実現したのに、その後は大人しくなってしまったのか? このへんの疑問を作中で繰り返し解説し、著者自ら後書きでも綴って、島田説につなげていく。

550ページあたりからの「江戸編」が面白い。謎解きが山を越えたところで再現ドラマさながら、当時の経緯を生き生きと描く腕は、やっぱり辣腕の作家ならでは。そこで描かれる天才出版人、蔦屋重三郎の心意気がすがすがしい。
もちろん素人には、島田説の当否はわからない。けれど、もしこういう蔦屋の先見性、気骨が「世界3大肖像画家」たる写楽を生んだのだとしたら、すごく格好良いだろうなあ、と夢が膨らんで楽しい。たまたま今年、東京国立博物館の写楽特別展を、また昨年にはサントリー美術館の蔦屋重三郎展を観たこともあり、芝居小屋とかの微に入り細をうがつ描写にも興味が尽きない。

一方で「現代編」のほうの描写の丁寧さには、ちょっと馴染めなかったかも。主人公・佐藤の徹底した不運ぶり、謎解きを手助けする辻田教授の美人ぶりとかは、いずれ別のストーリーになるのかな。舞台がお茶の水、神保町界隈で、実在の店などが登場するところが面白かった。(2011・7)

« 夜想曲集 | Main | 「RURIKO」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写楽 閉じた国の幻:

« 夜想曲集 | Main | 「RURIKO」 »