« 「ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕」 | Main | 「三陸海岸大津波」 »

June 24, 2011

「虐殺器官」

人が自由だというのは、みずから選んで自由を捨てることができるからなの。

「虐殺器官」伊藤計劃著(ハヤカワ文庫JA) ISBN: 9784150309848

近未来、先進国が高度な個人情報管理によってテロを防ぐ一方、途上国では深刻な地域紛争が絶えない。米軍大尉シェパードはその紛争地帯に現れる謎の米国人を追う。

2010年にフィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受けた夭折のSF作家のデビュー作。目をそむけたくなるような戦闘シーンは苦手だけれど、意外と一気に読んでしまった。

物語の横糸となる世界情勢や、脳科学、セキュリティ技術の進歩といった設定は、もしかしたらすぐそこにある未来かも、と感じさせる。ところどころ「戦争サービス業」(ロルフ・ユッセラー著、日本経済評論社)や「戦争広告代理店」(高木徹著、講談社文庫)、「単純な脳、複雑な『私』」(池谷裕二著、朝日出版社)なんかが頭をよぎる。

縦糸をなすシェパードの思索とのギャップが巧い。激しい戦闘やらスパイ活動やらに携わりながら、その物言いは非常に内省的だ。モノローグや周囲との哲学的対話を通じて、私という存在とは何か、良心とは、自由とは、と問い続ける。マット・デイモン主演で映画化されてもおかしくないような。ちょっとヘビー過ぎるけれど。

個人的には疾走感がある割に、ラストがあっけないというか、放り出されるような印象。それだけに、この作家が書くものをもっと読んでみたかった。(2011・6)

« 「ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕」 | Main | 「三陸海岸大津波」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「虐殺器官」:

« 「ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕」 | Main | 「三陸海岸大津波」 »