« 権力の館を歩く | Main | 「三月は深き紅の淵を」 »

May 22, 2011

「モーダルな事象」

溝口? 誰だ、そいつは? 桑幸が不審の表情を浮かべると、男は自分だけで大きくひとつ頷いてみせた。
「溝口俊平には未発表の作品があったんです」

「モーダルな事象」奥泉光著(文藝春秋) ISBN: 9784163239705

近代文学を専門とする桑潟幸一助教授、通称桑幸(くわこう)。大阪の短大でくすぶっていた彼のもとへある日、無名の児童文学作家・溝口俊平の遺稿が持ち込まれる。太宰治の友人だったという以外、さしたる価値もないと思っていたのに、遺稿を出版するや予想に反して大ヒットとなる一方、関係する編集者が事件に巻き込まれ…。

500ページを超えるボリュームに恐れをなして、ずうっと積んでいた小説を読んだ。手にとってみれば心配は無用、ずんずん読み進みました。

物語が大きく3つのパートに分かれていて、細かく転換しながら進んでいくからテンポがいいし、文章にも独特のリズムがある。パートの1つ目は桑幸の日常で、これが笑っちゃうんだなあ。学者としてなかなか日があたらず、恋愛もうまくいかずに、相当ひがみっぽくなっている。いかにも小市民な言動に、現代日本の文芸出版事情なども透けてみえて、なんだか自虐的。昨年読んだ「シューマンの指」と同じ作家とは思えないほどのユーモアぶりです。

もう1つのパートは、ひょんなことから溝口俊平を巡る事件に関心を持ったフリーライター兼ジャズ歌手、北川アキの謎解き行。北海道、東京の郊外、大阪、京都、そして瀬戸内の孤島へと、この素人探偵のパートだけでも2時間ドラマ4本分ぐらいのミステリーが詰まっている感じです。おおざっぱな性格のアキと、同行する元夫で知的な変人・諸橋倫敦との、つかず離れずの名コンビぶりも楽しい。キャラクターが魅力的ですねえ。

しかし、面白楽しいだけで終わらないのが、奥泉節の侮れないところ。3つ目のパートがくせもので、事件をきっかけに桑幸を悩まし始める伝奇的な悪夢が綴られる。戦中、瀬戸内の孤島で行われていた謎めいた実験、消えた子供たち、外国からもたらされた希少なコインをめぐるオカルト話……。ダークファンタジーのイメージが、物語に色濃く陰影をつける。

伏線に次ぐ伏線、終盤に至って3つのパートが重なり合い、ミステリーとしてきっちり決着がつく。と思ったらさらに、おまけみたいに歴史の書き換えめいたエピソードがくっついていて、口をあんぐり。遊び心満載の筋書きを堪能した後、ニッポンの小説というもの、その蓄積に対するちょっと屈折した愛情が、じわっと染みます。さすがのサービス精神ですね~。桑幸のその後も気になります。巻末にスペシャル・インタヴュー、作品リスト付き。(2011・5)

« 権力の館を歩く | Main | 「三月は深き紅の淵を」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「モーダルな事象」:

« 権力の館を歩く | Main | 「三月は深き紅の淵を」 »