« ねにもつタイプ | Main | 「モーダルな事象」 »

May 22, 2011

権力の館を歩く

近衛の次男通隆は、父の寝室で夜中の二時ごろまで話していたという。そこで近衛は自らの心境を近衛家用箋に書き記して通隆に渡した。

「権力の館を歩く」御厨貴著(毎日新聞社)  ISBN: 9784620320083

歴代首相の住居、別荘から議事堂、各党本部まで、建築の成り立ちから権力の有りようを探る。毎日新聞での2007年1月から2010年3月までの連載を再構成。

個人的に実家近くに「荻外荘」があった思い出から、歴代首相の住居をたどった前半を、特に興味深く読んだ。「その瞬間」のエピソード、関係者の証言を交えつつ、それぞれの政治家が陳情客や密談の相手をどうさばいたか、なにかと騒がしい都心とどう距離をとったか、などからその心情にアプローチする試みだ。自然と財力、財力についての考え方も透けて見える趣向。
権力者たちが互いをどう意識していたかなど、読み解き部分になるとたぶんに主観的な印象ではある。けれど政治というのは主観なのだろうな、とも思える。研究室の学生たちや企業とのコラボレーションぶりも見事。(2011・5)

« ねにもつタイプ | Main | 「モーダルな事象」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 権力の館を歩く:

« ねにもつタイプ | Main | 「モーダルな事象」 »