« ペンギン・ハイウェイ | Main | ねにもつタイプ »

April 09, 2011

キングの死

わたしの人生はわたしのものではなかった。わたしの仮面をかぶった抜け殻のものだった。それでも自分を憐れむ気にはなれなかった。

「キングの死」ジョン・ハート著(ハヤカワ文庫) ISBN: 9784151767012

1年半前から行方不明だった父が、射殺体で発見された。もし犯人が恐れている人物、たったひとりの妹だったら、なんとしても彼女を守らなければならない。弁護士ワークの孤独な闘いが始まる。

「川は静かに流れ」の作家による2006年のデビュー作。デビューにしていきなり600ページの長編だ。しかも中盤まで物語はいっこうに進展せず、ワークのダメ男ぶりをこれでもかというほど描いている。
30歳くらいのいい大人なのに、幼い頃から父に人生を支配され、職業の選択も結婚も父の言いなり。おかげで大切に思う母や妹、恋人を幸せにしてやれず、虚栄心の強い妻との関係も冷え切って、自己嫌悪のあまり酒に溺れている。

おなじみノース・カロライナ州の保守的な雰囲気を背景にした、濃密な家族小説のおもむき。幼い頃から主人公が抱えるコンプレックスの重さ、わだかまりにいささか辟易するけれど、このねちっこい描写があるから、終盤にかけてミステリとしての展開が生きるのだろう。実は頭が切れるワークと女性刑事らとの息詰まる駆け引き、あっと驚く真実、そしてすべてが明らかになったあとの新しい人生への旅立ち。

粗暴な妹の恋人(女性だけど)、近所をうろつく気味の悪い男、ワークを助ける探偵ら脇役に至るまで、登場人物の造形がいちいち個性的で鮮やか。なかでも秀逸なのは、冒頭ですでに故人となっている父親だろう。敏腕弁護士だけど、強烈な上昇志向で多くの仕事仲間を敵に回し、家族を抑圧していた。まさにキング。ちょっと「華麗なる一族」の万俵大介を思わせる存在感だ。 
弁護士経験のある著者らしく、遺言が事件の重要な鍵になっている。東野さやか訳。(2011・4)

« ペンギン・ハイウェイ | Main | ねにもつタイプ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キングの死:

« ペンギン・ハイウェイ | Main | ねにもつタイプ »