« 日本人の坐り方 | Main | ton paris »

March 18, 2011

茂田井武美術館 記憶のカケラ

絵ハウソヲツカナイ
ウソヲツクコトノ
ドウシテモ出来ナイモノデアル

「茂田井武美術館 記憶のカケラ」茂田井武著、広松由希子・構成・解説(講談社) ISBN: 9784062149433

2008年の生誕100年をきっかけに出版された童画家の作品集を、改めて開いてみた。若き日のパリ行のスケッチや、雑誌「新青年」によせた挿絵、児童書の仕事などに分類してあり、資料編ともあわせて画業を俯瞰できる。

活動期間は決して長くない人だけれど、その魅力は童画の愛くるしさだけにとどまらない。たとえば病床で情熱をかたむけ、結局、遺作となってしまった絵本「セロひきのゴーシュ」には、奔放な詩情とでもいうべきものがあふれている。ゴーシュの奏でる音楽に目を丸くして耳を傾ける聴衆の中には、妻子をモデルにしたらしき顔も見えるとか。
巻末にある奈良美智、柴田元幸ら、茂田井ファンたちのコメントも興味深い。切り取って、手作りできる絵本の特別付録付き。まあ、もったいなくてとても切れないけど。(2011・3)

« 日本人の坐り方 | Main | ton paris »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 茂田井武美術館 記憶のカケラ:

« 日本人の坐り方 | Main | ton paris »